オーストラリアと日本の時差は州ごとに違う?時差ボケはあまりない

この記事は2分で読めます

最近段々と夏の暑さを
感じるようになってきましたね。

夏休みに向けて友達や家族と旅行の
予定を立て始めているという方も
多いのではないでしょうか?

せっかくの長期休み、少し足を延ばして
海外に行けたら楽しそうだけど、
でも海外だと時差ボケしそうだし、、

と悩んでいる方のために、
その心配のいらないオーストラリアの
時差について今回は詳しくご紹介していきます。

Sponsored Link

オーストラリアと日本の時差はどのくらい?

オーストラリアは日本から飛行機で
8時間ほどで行くことのできる
比較的近い国の一つです。

また、

ジェットスターなどの格安空港がケアンズ、
メルボルン、シドニーなど各観光都市に東京、
大阪から直行便を出しているので、
交通費もも比較的安く済ませることができます。

さらに格安航空で日本からのフライトの場合、
その便の多くは夜遅く、8時過ぎに
出発してオーストラリアの早朝、
4、5時に着くという便が多く、

仕事や学校終わりに出発して、
その翌日から現地で1日行動することが
可能な日程になっているので、

休みが短い場合も無駄なく存分に
楽しむことが出来るようになっています。

知っている人はあまり
多くないかもしれませんが、
オーストラリアは日本の
約21倍の国土を誇っており、

オーストラリア国内の中でも3つの
タイムゾーンが設けられています。

そのため、

  • 東側は日本よりプラス1時間
  • 中央部はプラス0.5時間
  • 西部はマイナス1時間

少ないながらも時差が変化します。

最も人気があるであろうシドニーや
メルボルンは東部に位置しているため、
日本よりプラス1時間の時差

これなら朝ついても時差ボケになることなく、
一日中楽しめそうですよね!

飛行機の中でしっかりと
睡眠をとっておくと良いでしょう。

Sponsored Link
 

 

オーストラリアに夏時間はある?

オーストラリアでは、国全体ではなく、
州ごとにサマータイムを
採用するかを決めているため、
ある都市とない都市に分かれています。

日本人にとってサマータイムというのは、
あまり馴染みがなく分かりづらいですが、

デイライトセイビングタイムとも呼ばれ、
太陽光を有効活用するのを目的に
設定されており、特にヨーロッパの
人々にとっては大変身近なものです。

オーストラリアでは州ごとにある場合と
ない場合があるため、出身地によって
馴染み方が違うようで、

オーストラリア人にとっても
いきなり時間が変化して驚くこともあるそう。

10月に始まり4月に終わるので、
その時期に行く機会があれば、
ぜひ体験してみてください。

 

まとめ

海外なのに時差が少ないなんて
旅行に完璧の目的地ですよね!

時差ボケすることなく思う存分楽しみましょう!

オーストラリアに関する記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!