風鈴職人の工房体験がスゴイ!江戸時代からの技術を堪能!

この記事は2分で読めます

風鈴の音が耳に入ると
「夏が来たなぁ~」と
実感することができます。

耳から涼しさを感じさせるなんて、
風情のあることを考えたものですよね。

日本の風鈴には、各地で様々な
特長があり、それぞれに職人
方たちが伝統を守っています。

風鈴職人の匠の技を間近で
見ることができて、

風鈴職人に直接教わりながら
製作を体験できる
工房も各地にあります。

夏の風物詩である風鈴市では
全国の職人たちの作品が
一挙に並びますので、

色んな風鈴を聞き比べ、
見比べるのも楽しいです。

今回は、都内で風鈴職人の見学や
体験
ができる工房をいくつか
ご紹介しましょう。

Sponsored Link

100年の老舗工房

江戸風鈴の生きる伝説として有名な職人の
篠原儀治さんは、江戸風鈴の名付け親です。

全国各地にガラスを使った
風鈴はあったが、

江戸風鈴と呼ばれるようになったのは
1965年くらいからなので、
50年くらいなんです。

そう呼ばれるようになったのは、
こちらの工房の二代目職人の
篠原儀治さんからなんです。

大正13年生まれの篠原さんは
2016年現在、91歳になります。

先日は、TBS
マツコの知らない世界」でも
伝説の職人として紹介されていました。

そんなレジェンドがいらっしゃる工房は
下町の江戸川区にあります。

江戸川区無形文化財保持者、
東京都優秀技能賞受賞、
都知事賞受賞と職人としての
技術は高く評価されています。

篠原風鈴本舗では、
製作体験見学もできます。

見学の申込みはメールや
電話でも受け付けていますよ。

有限会社 篠原風鈴本舗
東京都江戸川区南篠崎町4-22-5
TEL 03-3670-2512

 

江戸風鈴の伝承者の工房

篠原風鈴本舗から独立をした
篠原まるよし風鈴は、
篠原儀治さんの次男の正義さんが
職人として独り立ちをした工房です。
yjimage

日本全国で知られている江戸風鈴ですが、
現在、江戸風鈴を製作しているのは
江戸川区の篠原風鈴本舗の他には
篠原まるよし風鈴しかありません。

まるよし風鈴では、製作体験ができます。

Sponsored Link
 

製作体験は、ガラスの内側に
絵付けの体験をするコース
本格的に職人さんのように

ガラスを吹くところから絵付けまで
体験できるコースがあります。
yjimage

絵付けだけのコースは1200円
ガラス吹きから絵付けまでは1700円です。

時間にすると、絵付けだけなら
30分から60分くらいで完成します。

ガラス吹きから絵付けまでは
個人差がありますが、
1時間~1時間半くらいです。

製作した風鈴は、
その日に持ち帰りできます。

 

篠原まるよし風鈴
東京都台東区台東4-25-10
TEL 03-3832-0227

 

まとめ

今回は江戸風鈴の職人さん
現在も活躍している工房をご紹介しました。

日本全国の風鈴が集まる
川崎大師の風鈴市も
毎年多くの人で賑わいます。

記録的な猛暑になると
言われている2016年の夏は
耳から涼を感じてみてはいかがでしょう。

風鈴に関する記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!