自由研究の高学年おすすめテーマ!簡単一日で終わるものも!

この記事は2分で読めます

夏休みの自由研究は、お休みの序盤から
スタートできれば色んなテーマから
選ぶこともできますが、

後回しにすると時間やデータの
収集が必要なテーマ
から
選ぶことができません。

1日で終わらせるとなると
あまり深いテーマは選べなくなりますが、

高学年になると、意外と面白い実験でも
1日~数日間で終わらせられるものがありますよ。

Sponsored Link

スライム作り

4年生~6年生の高学年
人気の工作としてネットでも
作り方が色々と紹介されています。

スライムはグニャグニャとした物体で
触っていると不思議なものです。

スライム作りに必要な材料です。

・ほう砂(ほうしゃ)
・せんたくのり
・食紅
・透明のカップ(2個)

作り方です。

1.カップに水40mlを入れる。
2.水に好きな色の食紅を入れて色水を作る。
3.色水の中にせんたくのりを40ml入れる。
4.のりがしっかり溶けるように混ぜる
5.空のカップにほう砂を4g入れる。
6.ほう砂に水13mlを入れて混ぜる。
7.ほう砂の溶けた水を色水の方に少しずつ入れる。
8.混ぜていくとスライムの完成です。

 

ほう砂は薬局で売っています。
目の洗浄をする時などに
使用する医薬品
なので、
扱う時には注意してください。

高学年の自由研究は
作る過程で起こる変化をまとめておきましょう。

なぜスライムになるのか?

という疑問が湧いたら
それも調べてみるとイイですね。

 

不思議な結晶作り

高学年の自由研究におすすめの
実験としてみょうばんを使った
結晶作り
はいかがでしょう。

結晶作りの自由研究として
人気なのが塩の結晶作りですが、

そこにもみょうばんを
使用することもあります。

つまり、

みょうばんは、結晶を作る時に
活躍するものなんです。

みょうばんは、ナスのぬか漬けをする時に
変色を防ぐ時に使用したり、
制汗剤として使用されることもあります。

危険なものではないので、
高学年になれば扱うことに心配はありません。

必要なものは以下になります。

・焼きみょうばん 100g
・透明のコップ(耐熱)
・サランラップ
・計量器
・割り箸
・釣り糸

Sponsored Link
 

作り方の手順です。

1.400mlの水に40gのみょうばんを鍋に入れる。
2.弱火で混ぜながら透明の液体にする。
3.カップに入れてサランラップでフタをする。

この段階で1日置いておくと
底の方に結晶ができはじめます。

結晶の種を使って
濃度の高いみょうばん液を作り、
その中で結晶を成長させます。

釣り糸を割り箸に結び
みょうばん水の中に入れておくと
結晶が大きくなってきます。

数日間の時間が必要な実験なので
1日で終わらせたい時には
不向きかも知れませんが、

観察したことをまとめればいいので
例え失敗しても、その失敗の原因を探れば
自由研究のテーマになりますよ。

みょうばん結晶の作り方の動画も
参考にしてみるといいでしょう。

 

まとめ

高学年の自由研究は
低学年の時にやってみて失敗したことを
もう一度チャレンジしてみることもできます。

低学年の時には難しくて
諦めたことにも果敢に挑戦して
みてもいいのではないでしょうか。

夏休みの終盤になってもできることを
探してみましょう。

自由研究に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!