都市伝説の生物ケサランパサランの正体とは?飼育もできる?

この記事は2分で読めます

あなたは、ケサランパサランという
名前を聞いたことはありませんか?

これは、捕まえると幸せになれる
と言われている、都市伝説のひとつなのです。

今回は、そんな『ケサランパサラン』
にいついてまとめてみました。

Sponsored Link

都市伝説『ケサランパサラン』

『ケサランパサラン』
(ケセランパサランとも)は、
江戸時代以降の民族伝承上の
謎の生物、とされている物体のことです。

見た目は、タンポポの綿毛や
うさぎのしっぽのように白くて
ふわふわとした毛玉である
とされています。

空中をフラフラ飛んでいる
と言われていて、一つ一つが
小さな妖力を持つ妖怪ではないかとも言われ、

未確認生物として扱われる
こともある不思議な存在です。

西洋で
・「ゴッサマー」
・「エンゼル・ヘア」
と呼ばれているものと、同類の
ものではないかと考えられています。

名前の由来は諸説あり、

・スペイン語の「ケセラセラ」が語源

・「袈裟羅(けさら)・婆娑羅(ばさら)」という梵語が語源

・羽毛のようにパサパサしているから

・「何がなんだかさっぱりわからん」を意味する東北地方の言葉

などさまざまですが、
はっきりとはしていません。

 

飼育できる!?

『ケサランパサラン』は飼育することが
できると言われています。

穴の開いた桐の箱の中に入れて
おしろいを与えることで、

増殖したり、持ち主に幸せ
呼んだりしてくれるのです。

  • 箱に穴がないと窒息して死んでしまう
  • おしろいは香料や着色料の
    含まれていないもののほうが良い
  • 1年に2回以上見ると
    その効果は消えてしまう

など様々な言い伝えがあります。

また、

『ケサランパサラン』を持っていることを
あまり他人には知らせないほうがいい
とも言われていて、

代々密かに『ケサランパサラン』を
伝えている家もある、という伝説もあります。

 

『ケサランパサラン』ブーム

1970年代後半、『ケサランパサラン』が
知れ渡り、一大ブームを巻き起こしました。

この時『ケサランパサラン』だと
されたものの多くは、
花の冠毛からできたものでした。

Sponsored Link
 

『ケサランパサラン』の正体とは?

しろくてふわふわしている、
という外見以外その正体は
明らかになっておらず、

その実態に関しては
様々な説があります。

 

動物性

ワシなどの猛禽類がウサギなどの
小動物を食べた際に、「ペリット」
と呼ばれる毛玉を排泄します。

これが、ケサランパサラン
であるという説です。

寒冷な地域で、小動物が捕食された際に
食べ残された毛皮の皮膚の部分が縮まって、

毛を外側に立てて丸まったもの
ではないか、とも言われています。

 

植物性

アザミ、オキナグサ、ブタナなどの
植物の花の冠毛が寄り集まって
固まったものではないか、という説です。

綿状のカビだという考えもあり、
おしろいを与えると増えるのは
このためであるとも言われています。

 

鉱物性など

オーケン石や雪虫、アオバハゴロモの
幼虫などが正体ではないか、という説。

 

『ケサランパサラン』が展示?

なんと、姫路にある動物園では、
『ケサランパサラン』が展示されています。

とはいえ本物なのかどうかは不明で、
そばに建てられた手書きの看板には、
さきほどご紹介した動物性説の
説明が書かれています。

 

まとめ

様々な説が囁かれていますが、
まだまだはっきりとした
正体はつかめていません。

もし目の前に、白くて
ふわふわとした物体が現れたら、
捕まえてみてはいかがでしょうか?

もしかしたら、『ケサランパサラン』
かもしれませんよ。

都市伝説に関する記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!