都市伝説の生物!スカイフィッシュの正体はハエなのか?

この記事は2分で読めます

空飛ぶ魚、と言われて、
あなたは何か思いつきますか?

魚が空をとぶなんて、
あまり想像できませんよね。

しかし、

まさに空飛ぶ魚という名前を持つ
謎の生物がいるらしいのです。

その名も、スカイフィッシュ

テレビの衝撃映像番組などでも
よく取り上げられているので、

一度はその名前を聞いたことがある
という人も多いのではないでしょうか。

都市伝説や未確認生物が
好きな人達の間ではとても
有名な生き物です。

今回は、そんなスカイフィッシュの
謎についてまとめてみました。

Sponsored Link

『スカイフィッシュ』とは?

スカイフィッシュは、
長い棒のような身体を持ち、

空中を280km/h以上の高速で
移動するとされている、
未確認生物のひとつです。

欧米ではその形状から、
フライング・ロッドもしくは単に
ロッドと呼ばれています。

1995年に、ビデオ編集者の
ホセ・エスカミーラという人が、
仕事中にビデオ映像を
コマ送りにした際に発見しました。

ビデオカメラや写真には写り、
映像や画像が撮られているものの、

実際に捕獲された例はないことから
話題となったのです。

また、

日本を含めた各地でも、
以降同様の事例が報告されています。

 

スカイフィッシュの特徴

そのあまりに素早い動きのために、
カメラでもコマ送りにしないと
その姿を捉えることができない
スカイフィッシュですが、
そこから推定された特徴があります。

 

全長

長さ数cm~2mが一般的。

全長30mと言われたり、
15cmほどであるとも言われたことがあり、
はっきりした数値は不明。

 

形状

棒のような身体で、
側面に帯状のヒレを持っている。

身体には体節があり、それぞれの
節に翅があるとされている。

 

性質、起源

ヒレを波のように動かすことによって、
空中を肉眼で捉えられないほどの
超高速で飛行する生物ではないか、
と考えられている。

古代カンブリア紀に生息していた
「アノマロカリス」の生き残りが
進化したものではないか、
という説も一部で提唱された。

Sponsored Link
 

スカイフィッシュの正体とは?

近年の検証によって、
スカイフィッシュの招待は、
ハエなどの昆虫ではないかと
推測されています。

カメラの眼前にハエなどの
昆虫が入り込むと、
残像のような映像が映るため、

これが「高速で飛び回る棒状の生物」
映ったかのように見えたとのではないか、
とのことです。

ビデオカメラやカメラには映るのに
捕獲したという例は全くない、
というのはこのためであると考えられています。

テレビ番組でも何度かその検証が
行われましたが、スカイフィッシュの
存在は否定的な結果に終わっているようです。

 

まとめ

残念ながらスカイフィッシュは存在しない、
という考え方が主流になっていますが、
存在肯定派の人たちもたくさんいます。

UMA説や、アノマロカリス進化説
をはじめ、改造生物説や、
宇宙船説など存在肯定派の考察は様々です。

もしかしたら、
あなたの写真や動画にも、
スカイフィッシュが映るかもしれませんね。

都市伝説に関する記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!