自由研究で六年生におすすめテーマ!実験や工作で簡単に!

この記事は2分で読めます

夏休みの宿題になる自由研究のテーマ
何でも自分が好きなことを
テーマにできるので、

楽しめる反面、なかなか
テーマが決まらなくて
悩んでしまうのもよくあることです。

六年生になったら、
自由研究を大人が助けるのは
できる限り控えたいものですね。

しかし、

テーマが決まらないのは困ります。
そこで六年生におすすめの
テーマ
を集めました。

じっくりと調べる時間がある人も
時間がなくて早く終わらせたい
人もいますので、自分のパターンに
合わせて参考にしてください。

Sponsored Link

世界の国旗を調べてみよう

2016年はリオデジャネイロ
オリンピックが開催されます。

世界的な大イベントですからこの機会に
世界各国の国旗を調べてみてはいかがでしょう。

thumbnail_asia

六年生になれば、社会の授業で
世界のことを勉強する機会も増えます。

自由研究のテーマにもおすすめです。

国旗について調べるポイントをまとめました。

・国旗の由来について調べよう
・似ている国旗を探してみよう
・その国について調べてみよう
(人口、歴史、産業など)

このポイントを調べて各国の国旗を
自分の手で書いても良いでしょう。

オリンピックの開会式などを見ていると
この国旗はどこの国のだろう?」と
疑問に思ったことがあるならピッタリです。

 

ろ過装置を作ってみる工作

自然災害が起こった時に
一番困るのが水の確保だと言われています。

水がないと人間は生きていけないので
何かあった時のために3日分の飲料水は
確保して置くことが指導されています。

いざという時のために、
泥水もキレイにできるろ過装置
作ってみることも良いのでは。

ペットボトルを使って作ることができます。

準備するものは、

・空のペットボトル2本(同じ形状のもの)
・小石
・砂
・活性炭
・綿
・カッターナイフ
・ビニールテープ
・輪ゴム
・ガーゼ
・泥水

以上です。

活性炭はホームセンターなどで買えます。

1.ペットボトルの底を切りとる

2.もう1本は注ぎ口から10センチくらいで切りとる
(水を受けるための容器

3.切ったところにテープを巻いて保護する

4.底を切ったペットボトルの口に
カーゼで覆って輪ゴムでしっかり止める

5.逆さにして綿を入れて小石を詰める

6.綿を入れて活性炭を入れる

7.綿を入れて最後にを入れる

8.容器にセットして泥水をろ過する

 

【参考動画】

Sponsored Link
 

紙飛行機の実験

紙飛行機を作って飛距離のデータを調べて
どのカタチの紙飛行機が一番長く飛ぶのか
結果を実験する研究です。

紙飛行機の実験なんて、
低学年向けじゃない?と
思われるかも知れませんが、

航空力学の基本が紙飛行機には
詰まっているので、六年生でも
おすすめのテーマです。

紙飛行機の作り方をイロイロ調べてみて
実際に作ってみましょう。

飛距離のデータを取るためには
無風状態の環境で行うのが理想です。

体育館など、屋内で行えればベストです。

実験のポイントです。

・紙の種類を揃える
・同じ作り方で大きさを変えてみましょう
・作った紙飛行機は写真で撮影しておく

紙飛行機は真っすぐ前に向かって
飛ばないことも多いので、

実際に飛んだ距離のデータと
浮いている時間を
ストップウォッチを使って計ります。

飛行距離と飛行時間を表にまとめます。

ストップウォッチは
スマホのタイマーなどを使って
計測することができます。

 

まとめ

六年生の自由研究のテーマの選択に
参考になるものはありましたか?

ここで紹介したテーマをヒントにして
もっと研究の幅を広げてみても良いでしょう。

良い研究になればいいですね。
頑張って夏休み中に終わらせましょう。

自由研究に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!