紫外線アレルギーの検査は皮膚科でいいの?費用はいくら?

この記事は2分で読めます

陽射しの時に何の紫外線対策もしないで
屋外に長時間いたら日焼けをしてしまうのは
当たり前のことです。

しかし、

ただの日焼けではなく、
紫外線を浴びた部分が赤く腫れてきて
かゆみが起こったり発疹が出て来たら、

紫外線アレルギー
起こしているかも知れません。

今まで全くそんな症状を
起こしたことがなくても

ある日突然、アレルギー症状を
起こすこともあるので
紫外線アレルギーには要注意です。

陽射しが強くなる5月ごろから
増える傾向にある紫外線アレルギーが
疑われる場合は病院で検査を
受けてみることをおすすめします。

紫外線アレルギーの検査についてご紹介します。

Sponsored Link

紫外線アレルギーの検査

e233fe3c3e536416799be83af4055c7e_s

紫外線アレルギーは紫外線に含まれる
強い波長から肌を守るために免疫物質が
過剰に生産されることがきっかけになり
アレルギー反応を起こします。

アレルギーの起こる仕組みとしては
花粉症やハウスダストなどによる
アレルギー症状と共通するものです。

ただし、

紫外線アレルギーの中には
服用している薬が紫外線による影響を
過敏にすることもあるので、

まずは原因を突き止めるためにも
紫外線アレルギーの検査をすることです。

紫外線アレルギーの症状は
日光を浴びた皮膚に出るものなので
皮膚科で検査を受けます。

ただし、皮膚科の中でも
アレルギーの治療に力を入れている
皮膚科ならより安心です。

 

検査の方法

紫外線アレルギーの検査方法は
光線過敏症」の検査を行います。

この検査は、紫外線アレルギーと同じく、
日光を浴びた時に起こす他の症状にも
対応する検査です。

検査の方法は、
地上に届く紫外線の中でも
主に皮膚に影響を及ぼす

紫外線A波(UVA)と
紫外線B波(UVB)を肌に照射します。

そしてその後の肌の様子を観察して
紫外線による影響を調べます。

紫外線アレルギーの症状が
照射した部分に現れたら血液検査や
パッチテストなどを行い、
さらに詳しく検査します。

Sponsored Link
 

検査にかかる費用

kenkoushindan_monshin

紫外線アレルギーの検査の費用
検査の方法によって違います。

アレルギーの検査方法は
数えきれないほどの
アレルゲンを特定するので、

対象になる物質の数によって
加算されていきます。

紫外線アレルギーの検査には
UVAとUVBを特殊な光線として
発生させて皮膚に照射しますので、

他の検査よりも
少し費用は高くなります。

平均的な費用は
4000円~5000円程度です。

検査する病院に直接問い合わせて
比較してみても良いと思います。

紫外線アレルギーと診断されると
その後も治療が必要になることもあるので、
医療機関を選ぶ時は通院も視野に入れて
選ぶようにしましょう。

 

まとめ

目に見えない紫外線なので、
アレルギーとして反応してしまうと
その後の活動にも注意が必要になります。

症状を起こさないために
正しい予防法を知ることが大切なので、
検査をして医師に指導を受けることは
とても重要なことです。

もしかして?と感じたら
早めの皮膚科を受診しましょう。

紫外線アレルギーに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!