紫外線アレルギーとは?症状を写真でチェックしてみよう

この記事は2分で読めます

紫外線が強くなる季節になると
日焼けによるシミや
そばかすの予防のために
UV対策をする人が増えますね。

紫外線には皮膚に
有害な波長が含まれる
ので
UVブロックをすることは
皮膚の健康のためにも大切なことです。

そこで注意したいのが
紫外線を浴びたことが原因で起こる
紫外線アレルギーです。

アレルギーの原因として
今まであまり知られていませんでしたが、
徐々に症状を訴える人が増えています。

紫外線アレルギーの症状について
写真などを参考にしながら
ご紹介していきます。

Sponsored Link

紫外線アレルギーとは

紫外線アレルギーは、
光を浴びることでアレルギー症状を
発する光線過敏症の一種です。

yjimage

光線過敏症の中には
日光じんましんや多形日光疹など
皮膚に症状を発するものがあります。

紫外線アレルギー
引き金になるのが日光の紫外線なので
同じ仲間と考えられています。

アレルギーの原因には、
花粉症や動物アレルギー、
食物アレルギーなどがあります。

原因はそれぞれ違っても
ヒスタミンの増加によって
皮膚にかゆみを感じたりすることは
共通している部分があります。

 

紫外線アレルギーの症状

紫外線アレルギーは、
陽射しが強くなる夏に
症状が出ることが多く、
5月ごろから増えてきます。

yjimage

皮膚に紫外線が照射されてから
数十分から数時間後に
皮膚に赤い発疹が出てきます。

そして強いかゆみが続き、
掻き壊しの状態になることもあります。

数週間症状が続くこともあるので、
紫外線アレルギーの症状を
一度でも起こしたことがある人は、
紫外線予防を徹底することが重要です。

皮膚に症状を起こす以外にも、
強いアレルギー症状として
頭痛や発熱を伴うこともあるので、

症状が重い場合は早めに
医療機関を受診しましょう。

アレルギー体質の人は
アレルギーの原因が紫外線なのか
他のことが引き金になっているのか

判断することが難しいケースもありますので
詳しく検査してみるといいでしょう。

Sponsored Link
 

紫外線アレルギーを写真で確認

紫外線アレルギーによって
皮膚にどのような症状が起こるのか
分かりやすく判断するために
写真を使ってチェックしてみましょう。

yjimage

yjimage

自分自身のアレルギー症状
写真で記録しておくと
医療機関で診断を
受ける時の参考になるので、

アレルギー症状が出た時は
自撮りしておくと良いのではないでしょうか。

短い時間で症状が治まった場合でも
写真があれば医師の判断材料になります。

 

まとめ

紫外線は、シミやそばかすのように
見た目の問題だけではなく、
皮膚がんのリスクを高くするなど
有害なことがあります。

皮膚の細胞を傷つける紫外線
長く浴び続けることは危険ですね。

紫外線アレルギーの予防のためにも
日焼け止めグッズを上手く活用してください。

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!