都市伝説エヴァはフリーメーソンと関係あり?アニメ動画も!

この記事は2分で読めます

新世紀エヴァンゲリオン
というアニメのタイトルは、
アニメに疎い人でも一度は
耳にしたことがあるのではないでしょうか?

TVシリーズから始まり、
パチンコなどにも器用され、

近年では新劇場版として、
また新たな人気を獲得している、

日本のアニメ界に衝撃を与えたと
言っても過言ではない作品です。

エヴァンゲリオンの設定やストーリーは
とても難解で、それゆえ、多数の
都市伝説が広まっている作品でもあります。

今回は、『新世紀エヴァンゲリオン』に
まつわる都市伝説をまとめてみました。

Sponsored Link

『フリーメイソン』と関係が!?

フリーメイソンといえば、
都市伝説好きの間では有名な秘密結社です。

特に興味がない人でも、
聞いたことがあるかもしれませんね。

実は、その『フリーメイソン』と
この『エヴァ』には隠された
関係があるというのです。

『エヴァ』の主人公碇シンジですが、
この「碇」という苗字は船を
固定するための「錨」が由来だとされていて、

シンジには

「エヴァンゲリオン(この作品における、
ロボットのような兵器。正確には人造人間)」

をつなぎ止める役目が
あるのだと考えることもできます。

しかし、

それならばなぜ、あえて「錨」
ではなく「碇」と記すのか……

ここに、『フリーメイソン』への
メッセージが込められている
という考察がされているのです。

まずは、「碇」という漢字を
へんとつくりに分解してみます。

すると、「石」と「定」
という字になりますね。

これは、『フリーメイソン』の
3つ象徴のうちのふたつ、
石工定規を意味することになります。

さらに、

碇シンジの父親である「碇ゲンドウ」
の旧姓は六分儀といい、

これは船乗りにとっての
コンパスのことを表しています。

つまり、

「碇ユイ(シンジの母親)」と
「六分儀ゲンドウ」の子供である
「碇シンジ」は、『フリーメイソン』
の象徴である

  • 石工
  • 定規
  • コンパス

の3つに深く関わっている
ということになるのです。

Sponsored Link

 

別作品と共通の世界観?

『新世紀エヴァンゲリオン』の
監督は庵野秀明さんですが、

同じ監督が作った作品に
ふしぎの海のナディア
というアニメがあります。

『エヴァ』とは毛色の違った作品ですが、
実は、この『ナディア』と
『エヴァ』は同一の世界なのです。

時系列で言えば、『ナディア』のあとに
『エヴァ』が続く形となっています。

というのも、実は『エヴァ』は
『ナディア』の続編的な物語として
企画されたものだからです。

よ~く二つの作品を比べていると、
ところどころに似ている事件が
織り込まれているのがわかります。

たとえば、『エヴァ』における
セカンドインパクトは、
『ナディア』では死海蒸発事件
として登場しています。

また、

最終回でも、16個の球体が衛星軌道上から
地球に向けて飛び散るシーンがあります。

これは、使徒を表しています。

しかし残念ながら、続編というのは
企画段階での話で、大人の事情で
却下されてしまったために、

実際作品中における
時系列としての繋がりはないようです。

 

まとめ

設定が難解であるほど、
様々な謎が生まれてきますね。

『エヴァ』はいわゆる「大人アニメ」で、
見ている年齢層も高めで、
そのぶん様々な考察がなされているのです。

また新たな都市伝説が
発見されるかもしれませんね。

都市伝説に関する記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!