小児喘息とは?赤ちゃんの症状や原因を知り、早めの治療を!

この記事は2分で読めます

小さいお子さんを持つママたちは、
子どもの体調にはとても敏感になっています。

抱っこしたときに少しでも熱があると
違和感を感じたり、咳や鼻水などの
症状にもすぐに気がつきます。

保育園に通っているお子さんの場合には、
常に何らかの体調不良が見られます。

それがであったり、
鼻水であったりといった、
風邪の初期症状のような状態です。

しかし、

それらの症状が長く続く場合には、
小児喘息にかかっている可能性があります。

Sponsored Link

小児喘息とは病気?

小児喘息は、咳が長く続いたり、
タンがからまったりすることが続き、

呼吸をする際にヒューヒュー、
ゼイゼイなどといった音がするようになる
喘鳴(ぜいめい)の症状がみられます。

このような状態の時には、
喘息の発作が出ている場合が
ほとんどなので、

早期に治療を開始する必要があります。

この小児喘息の8割は、
3歳までに発症するといわれており、

早い段階からきちんとした
治療をすることによって、
大人になるまでに
8~9割のお子さんが完治します。

ですから、

お子さんの体調を普段からよく観察し、
少しでも異常が見受けられた場合には、
早めにかかりつけの医師の診察を
受けさせるようにすることがおすすめです。

 

小児喘息の原因は?

小児喘息の原因のほとんどは、
アレルギー物質によるアレルギー反応が
原因といわれています。

このアレルゲンは、ダニホコリなどの
ハウスダストやカビなどを呼吸する際に
一緒に取り込んでしまうことが
原因だと多くあげられますが、

家庭内でペットを飼っているような
場合には、ペットなどの
アレルギーも考えられます。

Sponsored Link
 

また、

タバコのにおいやけむりなども
喘息の発作を引き起こす原因になりますし、

成長にも悪影響を及ぼしますので、
お子さんの近くでの喫煙は
避けるようにしましょう。

ママやパパが何かしらのアレルギーを
持っている場合、それらが
遺伝してしまうことが多いようで、

花粉症などの症状があるママやパパは、
お子さんも早い段階で発症してしまうことが
多いそうなので、注意してみてください。

働いているママが多い中、
仕事や家事、育児をしつつ、

アレルゲンを除くための掃除も
しなければならないのは
大変かと思いますが、

大切なお子さんの健康を
守るためでもありますし、

ママやパパ自身の健康を守るためにも
つながりますので、お部屋の掃除
喚起はこまめに行うようにするといいでしょう。

 

まとめ

小児喘息は、多くのお子さんが
かかっている病気ですが、

正しい治療を早い段階から行うことで、
そのうちの8~9割は完治する病気です。

お子さんが小さいうちは、
呼吸がツラそうだったり、
息が苦しそうだったりと
心配なことがたくさんありますが、

まずは自分がお子さんのためにできること、
食事内容の改善家庭内環境
整えてあげることからはじめてみましょう。

かかりつけの医師の指示に従い、
早くお子さんの症状が良くなるように
努めていくことも、ママやパパに
とってはとても大事なことだと思います。

小児喘息に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!