小児喘息はアレルギー物質が原因?症状が治る確率は?

この記事は2分で読めます

小さいお子さんは、気管支が細く、
その分風邪などの病気に
かかりやすいといわれています。

咳などが続く場合、ただの風邪ではなく、
小児喘息にかかっている可能性があります。

Sponsored Link

喘息とは

小児喘息に限らず、喘息は、空気が通る
気管支が何らかの要因によって
急激に収縮することにより、

呼吸ができなくなる、あるいは、
呼吸がしづらい状態
なってしまうことを言います。

特に、小さいお子さんの場合、
気管支が大人に比べて狭く、

ちょっとした風邪の症状などでも、
喘息と同じような症状に陥ってしまう
ことがありますので、

軽い風邪や咳などでも
注意していただきたいと思います。

小児喘息は、3歳までに約7割が、
5歳までに約9割が発症すると
いわれていますが、

そのほとんどは成長すると共に
自然と良くなっていくケースが多いようです。

【ハウスダストと付き合う方法】

 

小児喘息の原因

喘息の発作を引き起こす主な
要因としては、アレルギー物質
割合がそのほとんどを占めています。

空気中に含まれるダニホコリなどの
ハウスダスト花粉、犬や猫などの
ペットによるアレルギー反応など、

さまざまな要因となる
アレルギー物質が存在します。

逆に言えば、

これらのアレルギー物質を除去、
あるいは少なくすることによって、

喘息発作の症状を和らげることができたり、
発作が出なくなったりと
いったことが期待できます。

しかし、

私たちが生活するうえで除去することが
難しいといわれるアレルギー物質ばかりなので、
できるだけ少なくして
あげるように努めたいですね。

Sponsored Link
 

小児喘息の症状

喘息の発作は、「ヒューヒュー」
「ゼイゼイ」といった喘鳴(ぜんめい)
あることが良く知られていると思います。

小児喘息などの場合、小さいお子さんは
小児喘息の症状と気管支炎や
細気管支炎などとの症状がとても
似通っているため、

あまり見分けがつかないことも
あるかと思いますが、

そういった場合にはかかりつけの
医師の判断に従うようにしましょう。

また、

喘息の症状は気圧や天候の変化などに
とても敏感で、雨が降ったり、

台風が近づいたりすると、症状が
悪化したりすることがありますので、
天気や気温の変化には
注意するようにしたいですね。

筆者の子どもも小児喘息で、
現在も治療中ですが、

やはり天気の悪い日台風
近づいているときなどの特に夜に
症状が悪化する傾向があるので、

そういったときには事前に
かかりつけ医に相談して、
薬の処方や対処法を
指示していただくようにしています。

【小児喘息】

 

まとめ

小児喘息は、早い段階から適切な
治療をすることで、そのほとんどが
大人になるまでに完治することができるようです。

小さいからこそ呼吸が苦しくなって
しまうこともありますし、

言葉をうまく話せないために
機嫌が悪くなってしまうことも
あるかと思いますので、

お子さんの体調には十分に
注意してみていただければと思います。

小児喘息に関する記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!