肩こりとは日本人特有の症状?そのウワサの真相に迫る!

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

肩こりがひどくて・・というのは
あいさつ代わりのように頻繁に使う人も
少なくないほど、肩こりに悩む人は多く、

今では子供にも肩こりがヒドくなることが
珍しくなくなっています。

テレビゲームやスマホ、パソコンの影響も
大きいのでしょうね。

でも、

肩こりとはどんな症状なのでしょう。

どこが、どのように痛くなるとかハッキリと
していないのではないでしょうか。

そもそも、肩こりというのは日本人にしか
起らない症状だと言う説もあるのですが
その真相はどうなのでしょう。

肩こりとは

肩こりとは、首すじから肩、肩甲骨あたりの
筋肉が硬くなり、動きが鈍くなったり、
痛みを生じたりする症状です。

kansetsutsuu_kata

東洋医学では「肩こり」というのは
体調を表す症状の一つとなっています。

多くは血流の低下や同じ姿勢を続けること
筋肉の動きが狭くなることなどが原因ですが、

俗に言う四十肩や五十肩という症状も
肩こりの中の症状として考えられます。

 

肩こりしない?

欧米や欧州の人たちに「肩こりしますか?」と
質問しても意味が通じません。

english_kaiwa_bad_man

というのも、肩こりという言葉を意味する
英語をはじめとする外国語が存在しないからです。

でもだからと言って東洋人以外は
肩こりしないというわけではありません。

ただ、

肩こりのような表現をする言葉が
存在しないだけなんです。

外国人でも日本人が感じるような
肩こりや首こりの症状はありますし、
慢性的に肩こりしている人もいます。

欧米でもマッサージという文化はありますし、
日本に観光に来た外国人が
家電量販店のマッサージチェア
気持ち良さそうにしているのをよく見かけます。

私自身が子供の頃に北米の家庭に
ホームステイした時には
その家の奥さんとご主人にお礼のつもりで
毎日肩もみと肩たたきをしてあげたら、

「こんな気持ち良いことを知ったら
アナタが帰った後はどうしたらいいんだ!」と
とても喜ばれました。

だから、

日本人だけが肩こりするというのは
間違いなんです。

日本人は肩こりに関して
とても敏感なだけなのでしょう。

Sponsored Link

 

肩こりの低年齢化

肩こりをするのはお年寄りとか
細かい作業をする職業の人というのが
昔のイメージでした。

針仕事や編み物をするお母さんやおばあちゃん
肩たたきや肩もみをするというのは
今や昔話のようなものです。

katatataki_mother

現在では、小学生でも肩こりが多く、
親に肩もみしてもらうなんて
逆転現象すら起こってしまいそうです。

その原因にはやはりスマホやゲーム
子供世代の生活の中で占める時間が
どんどん長くなっているからでしょう。

学校生活を送っていると
日中には机に向かっている時間も長くあります。

それに加えてスマホの画面を見続けて
首が曲がり、頭が下を向いた姿勢を
長く続けていれば、子供の柔軟な筋肉でも
悲鳴を上げてしまいます。

大人になったらどうなってしまうのか
とても心配です。
注意してあげたいですね。

 

まとめ

肩こりとは、日本人には身近な言葉ですが
海外の人は痛くなるまでは
あまり気にしていない症状です。

せっかく肩こりに敏感な国民なのですから、
肩こりがひどくならないように
生活の中で改善できることを工夫していきましょう。

肩こりに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ