パワースポット青森県のランキング!属性もしっかり見よう!

この記事は2分で読めます

特に理由はないのに気分が
落ち込んでしまったり、

調子が上がらないと
感じることはありませんか?

もしかしたら、精神的なエネルギーが
足りていないのかもしれません。

そんな時には、パワースポットを
訪れてみてはいかがでしょうか?

パワーをもらうと同時に、
普段の生活から少し離れることで
リフレッシュもできますよ。

今回は、パワースポットの宝庫である
青森県にあるものをまとめてみました。

Sponsored Link

青森県のおすすめパワースポット

青森県にはいくつかの
パワースポットがあります。

その中でもおすすめのスポットを
ご紹介させていただきます。

 

岩木山神社(いわきやまじんじゃ)

岩木山神社「津軽国の一宮
(津軽国で最も社格の高い神社)」で、

  • 「お岩木さま」
  • 「お山」
  • 「奥日光」

とも呼ばれています。

社殿や楼門は、江戸時代初期から
元禄時代にかけて、代々津軽藩主が
造営・寄進したものだそうです。

また、

本殿、拝殿、奥門、楼門などが、
重要文化財として指定されています。

神社の参道は岩木山の登山道の
1つになっていて、岩木山神社の
奥宮は岩木山の頂上付近にあることも
よく知られているそうです。

 

恐山(おそれざん)

恐山は宇曽利湖(うそりこ)を
中心とした外輪山の総称です。

火山岩に覆われた地獄
呼ばれる場所と、宇曽利湖の美しい
極楽浜との対比が特徴的な場所です。

高野山、比叡山と並ぶ、
日本三大霊場の一つで、
恐山菩提寺という曹洞宗のお寺があります。

また、

地蔵信仰を背景にした死者への
供養の場として知られており、

下北地方では人は死ねばお山さ行ぐ
(人は死んだら魂が恐山に行く)
と伝えられています。

恐山大祭や恐山秋詣りの時には、
「イタコマチ」というイタコ
(口寄せを行う巫女の一種)が
テントを張って軒を連ねている
場所に多くの人が並んで、
イタコの口寄せを聞くそうです。

ちなみに恐山は火山なので、
なんと境内には温泉が湧いています。

  • 「古滝の湯(男湯)」
  • 「冷抜の湯(女湯)」
  • 「薬師の湯」
  • 「花染め湯」

の4つの浴場があり、参拝料は必要ですが、
温泉自体は無料で入ることができるので、
身も心も清めてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link
 

 

十和田湖(とわだこ)

日本の湖沼では、12番目の
免責規模がある大きな湖です。

ここには、キリスト像のように見える
キリスト岩があります。

遊覧ボートでしか見えない岩の亀裂に、
高さ1メートル半ほどの
細長い石が立っていて、

その石の上端から生えているコケが
肩までの長髪のように見え、

地衣と呼ばれる白いコケが
顔を描くように付着していて、

その姿がまるでキリスト像のように
見えることから「キリスト岩」と
呼ばれるようになりました。

普段は水中に沈んでいるのですが、
水位が低下した時だけ、
水面にその姿を現すそうです。

 

まとめ

今回ご紹介した場所のほかにも、
青森にはまだまだたくさんの
パワースポットがあります。

パワースポットには自分の属性との
相性があるとも言われていますので、
自分に合った場所を探してみましょう。

都市伝説に関する記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!