りんご病の時は保育園登園は禁止?感染症なので危険性も?

この記事は2分で読めます

感染病であるりんご病

しかし、

保育園に通っているお子さんは
登園することができるのでしょうか?

今回は、保育園に通っているお子さんが
りんご病にかかってしまった場合に、

保育園に登園することができるのか
まとめてみました。

Sponsored Link

りんご病は感染病

りんご病は、インフルエンザなどと
同じように病原体となるウィルスが
身体の中に入ってくることによって感染しますが、

他の感染病と違うところは、
感染病であるけれども保育園に
登園できるということです。

りんご病は、ヒト・パルボウィルスB19型
感染することにより、風邪の初期症状のような
微熱や咳、身体の倦怠感などの症状が現れます。

この時期が感染力が最も強い時期
であるにもかかわらず、この段階で
りんご病だと判断されることは
ほとんどありません。

これは、風邪の初期症状とほとんど
同じような症状のため、違いを
見つけることが非常に困難なためです。

こういった症状がなくなってきた頃に
頬に赤い発疹が出てきて、まさしく
りんごのように真っ赤に染まることから
りんご病といわれています。

頬に発疹が出た後に、
手足やおなかなど、
全身にレース状に発疹ができます。

この発疹はかゆみを伴うことが多く、
小さいお子さんはかゆみが不快感となり、

ご機嫌が悪くなってしまうことも
あるそうなので、発疹が出てき始めたら
かゆみ止めの薬を処方してもらうといいでしょう。

関連:りんご病の症状!かゆみや発疹で発熱や感染の危険性は?

 

りんご病でも保育園に登園できる

りんご病は、感染力が強い時期に
りんご病だと気づかず、
登園してしまっている場合がほとんどで、

頬に赤い発疹ができる頃には
感染力はほとんどなくなっているため、

感染病であるはずですが、
保育園に登園することができます。

Sponsored Link
 

また、

保育園によっても違うとは思いますが、
医師からの登園許可証のようなものは
必要ない場合が多く、

必要な場合でも、保護者の直筆の
書面の提出だけで済むので、
登園する際の手続きなどはほとんどありません。

できることなら、
感染力が最も強い時期に
登園を控えることが望ましいと
いわれていますが、

現在の医療では判断が難しく、また、
保育園に通っているお子さんは、

常に何かしらの体調不良を抱えている
子どもたちがほとんどのため、
風邪などとの区別がつきにくいのが現状です。

【子育てワンポイント】

 

まとめ

天候や気温が変化する
季節の変わり目などは、
体調を崩すお子さんが多くなります。

風邪を引いているお子さんもいる中で、
風邪とほとんど同じ症状のりんご病は、

見分けることが難しく、
感染力が最も強い時期は、
りんご病だと気づかずに
登園してしまっている場合がほとんどです。

頬が赤く染まっているお子さんが
保育園に通っていても、もう感染力は
ほとんど残っていませんので、
うつる心配はありません

しかし、

保育園からりんご病にかかった
お子さんがいるという連絡があった場合には、
すでに感染している場合もありますし、

これから感染する場合もあるため、
手洗いやうがい、マスクの着用など、
お子さんの予防対策をしっかりと
してあげるようにしましょう。

また、

保育園でも手洗いやうがいなどを
こまめにしてもらえるように、

連絡帳口頭等
伝えてみるといいかもしれませんね。

りんご病に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!