鯉のぼりには母親がいない?歌詞にも登場しない理由は?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

端午の節句といえば、鯉のぼり。

時期が近づくと、いろいろな家で
たくさんの鯉のぼりが
空を泳ぐようになりますよね。

ところで、童謡こいのぼりでも
歌われているように、鯉のぼりには
それぞれ名前がありますが、

その中に「おとうさん」「こどもたち」
はあるのに「おかあさん」が無いのを
不思議に思ったことはありませんか?

今回はそんな鯉のぼりの起源と、
鯉のぼりの「おかあさん」
についてまとめてみました。

鯉のぼりの起源

鯉のぼりが飾られる端午の節句は、
奈良時代から行われている
古い節句の行事の一つです。

元々端午の節句とは
五月初めの午(うま)の日
という意味だったのですが、

いつの間にか5月5日
固定されました。

奈良・平安時代におけるこの日は、
災厄を避けるための行事が行われる日でした。

それが江戸時代には幕府の式日へと変わり、
盛大にお祝いするようになっていったのです。

鯉のぼりが生まれたのは江戸時代の中期で、
庶民の間から町民のアイデアで
鯉のぼりは生まれました。

中国に伝わる登竜門の伝説になぞらえて、
鯉が竜門の滝を登りきると竜になるように

「我が子も健康に育ち、
将来大きく出世してほしい」

という気持ちや、

「男の子が生まれました。
どうぞお守りください」

と天の神様に伝えて守って頂く
意味がある、と伝えられています。

当時は和紙に鯉の絵を描いたものが
飾られていましたが、大正時代になって
綿の鯉のぼりが生まれ、

昭和30年代の半ばには、
雨に濡れても大丈夫な合成繊維の
鯉のぼりが誕生して、現在へと
受け継がれているのです。

 

お母さん鯉はいない?その1

鯉のぼりを題材にした童謡は
いくつか歌われていますが、

私たちが良く知る歌詞は
♪やねよりたかいこいのぼり
という歌いだしで有名な、

昭和6年に近藤宮子によって作詞された
『こいのぼり』だと思います。

鯉のぼりの色は上から、

黒→赤→青

になっていて、大きさは基本的には
一番上が一番大きくて、
下に行くにつれて小さくなっていきますよね。

童謡『こいのぼり』のなかでは、

  • 真鯉(黒)=お父さん
  • 緋鯉(赤)=子供たち 

となっていて、お母さん鯉がいないのです。

実は鯉のぼりの数は時代によって
変化していて、その意味も異なっています。

 

鯉のぼりが生まれた江戸時代

当時は子供(息子)を
意味していた「真鯉」1匹。

 

明治時代~昭和30年代

「真鯉」と「緋鯉」の2匹。

 

昭和39年以降

家族をイメージして、
3匹もしくはそれ以上。

童謡『こいのぼり』が作られた昭和6年には、
まだ鯉のぼりは2匹しか上げる風習がなく、

「お父さん」と「子供たち」
しかいなかったんですね。

 【鯉のぼり童謡】

Sponsored Link
 

お母さん鯉はいない?その2

お母さん鯉がいないことには、
もう一つ説があります。

端午の節句は今は男の子の
成長を祝う日ですが、
実は元々は女性のお祭りでした。

5月5日は女性だけが拝殿に集まって、
田んぼや水の神様を迎え入れて
豊作を祈る日とされていたのです。

そしてその神事が終わると、一日だけ
家事や仕事から解放されて一晩中
遊ぶことが許されていたそうです。

端午の節句は、女性にとって
年に一度のお休みの日だったのですね。

すると、家にはお父さんと
子供たちしかいません。

なので家に飾られる鯉のぼりには
お母さんがいないのです。

関連:鯉のぼり一番上のやつって何?風車や飾りの名前と由来!

 

まとめ

現在では家族の人数分鯉のぼりを
飾ることも多くなり、緋鯉を
お母さんに当てはめることも多いようですね。

風習も、時代とともに
移り変わっていくものなのでしょう。

鯉のぼりに関する記事一覧 

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ