潮干狩りのコツ!貝の採り方や道具・時間のポイントまとめ

この記事は2分で読めます

本格的に潮干狩りのシーズンが始まります。
毎年のように潮干狩りに行く上級者なら
あさりを見つけるコツもご存知でしょう。

あまりコツもわからないまま
混みあった潮干狩り場で
ウロウロしてるのもちょっと大変なので、

潮干狩りに行く前にコツを
ちょっと頭に入れておきましょう。

潮干狩りに行く時に準備しておくべき
道具もチェックしてみます。

Sponsored Link

潮干狩りのコツ

潮干狩り場に行くと、大漁の人がいます。
そのような大漁の人は、あさりの習性を
知っているからなんです。

shiohigari_tool

あさりのいそうなところを見つけるのが
潮干狩りのコツなんです。

では、

どんなところにあさりはいるのか、
ポイントです。

それは海藻が溜まっているところ
見つけることです。

砂浜には海藻が打ち上げられていますが、
あれは波で運ばれたものもありますが、

少し砂浜が盛り上がったところ
海藻が溜まっている場合は、潮が引く前に
海藻が集まっていた場所なんです。
kaisou

そこはプランクトンも多くいるので、
あさりなど砂の中のプランクトンを
エサにする貝類にはとても良い環境です。

海藻が溜まっていると、子供や女性は
嫌がって触りたがらないので、

意外と手つかずであさりが沢山いる
可能性が
高くなります。

大きな岩があったり、岩場の近くには
あさりが集中しやすいのでねらい目です。

お子さんは岩で滑ってしまうと危険なので
大人がちゃんと見ていてあげましょうね。

 

貝を採る方法

潮干狩りの道具に欠かせないのが熊手です。

あさりがいそうな場所を見つけたら
軽いチカラで砂を掘りましょう。

天然の貝しかいない潮干狩り場では
少し深く掘る必要がありますが、

チカラを入れて掘ると貝に熊手が刺さり
死んでしまいますので、注意してください。

貝殻が熊手で割れてしまうと
すぐに死んでしまいます

死んでしまった貝は腐りやすいので
持ち帰らないようにしてくださいね。

有料の潮干狩り場で、人工的に船であさりを
撒いている場合は、浅いところで
集中してあさりがいる可能性が高いので
一つ見つけたら周辺を粘り強く探しましょう。

Sponsored Link

 

潮干狩りに必要な道具

潮干狩りに行く前に、
準備しておくと良いモノを
上げてみました。

必ず必要なものから。

・熊手やスコップ
・貝を入れるバケツや網
・クーラーボックス
・保冷材および氷

以上は必要な道具です。
yjimage

次に準備した方が良いモノ、便利なモノです。

  • 新聞紙(持ち帰る時にあるとイイ)
  • 長袖の服、シャツ、帽子など紫外線対策
  • 万が一ケガした時のための絆創膏
  • 着替え(濡れることもあります)

持ち帰りのコツも以前の記事で
まとめましたので参考にしてみてください。

潮干狩りであさりが大漁!持ち帰り方法と砂抜きのコツを伝授

 

まとめ

潮干狩りのコツは、現地に行ってみると
最初はわからないかも知れませんが、

少しゆっくりと遠くを見渡しながら
砂浜に海藻が溜まっていないか探してみましょう。

大漁になるとイイですね♪

潮干狩りに関する記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!