リバウンドは体重を計って改善!原因を知って元に戻らないポイント

この記事は2分で読めます

こんにちは。
役立つ知識まとめサイト!の管理人です。

ダイエットに成功してホッと一安心。

そんな満足感に浸って少し油断していると
あっという間にリバウンドしてしまい、
体重はダイエットする前以上に増量!!

そんなこわ~い話があります。

ダイエットする時には、
リバウンドの危険性をきちんと
理解しておく必要がありますね。

リバウンドの危険を防ぐための
ポイントを集めてみました。

Sponsored Link

リバウンドしない人の体重管理

ダイエット中には毎日のように
体重計に乗る人が多いのですが、
ダイエットに成功した後になると
体重をチェックする間隔が空いてしまい、
管理が不十分になることがあります。
kaden_taijukei
ダイエットに成功するまでの道のりが
とても厳しかったと痛感しているのなら
成功後も体重測定の習慣を
続けるようにしてみましょう。

少しの油断でどの程度体重が増えるのか
ハッキリ数字で見えるので、
自然に体重増加を防ぐこともできます。

 

有酸素運動はリバウンドしやすい?

ダイエットに適した運動として
ウォーキングなどの有酸素運動が良いことは
すっかりおなじみです。
walking_group
有酸素運動は脂肪の燃焼効果が高いので
たしかにダイエットには良いのですが、
有酸素運動はリバウンドしやすいのです。

脂肪を燃焼させて減らした体重は
脂肪が元に戻れば増えるのは当然のこと。

だからずっと有酸素運動を
続けていかないとリバウンドの危険は
なくなることはありません。

ダイエット後にも脂肪の燃焼が
続くようにするためには、
筋肉に負荷の少ない有酸素運動よりも
筋トレも必要なんです。

筋肉は脂肪を燃やすエンジンのようなもの。

脂肪をガンガン燃やすためにも
筋肉を大きくするトレーニングをしながら
リバウンドを防ぎましょう。

Sponsored Link
 

リバウンドしやすい身体を改善

ダイエットを繰り返している人は
リバウンドして体重がさらに増えることも。

そんな悪循環から抜け出すためには
リバウンドしない体質に改善することです。

もともとダイエットの必要がある人は
摂取カロリー>基礎代謝+消費カロリー
不自然な食生活になっています。
metabolic_woman
手っ取り早く体重を減らすためには
摂取カロリーを少なくして、
消費カロリーを多くすること。

たしかに即効性もあるので
短い期間で体重を減らすことができます

ところがこのようなダイエットを続けると
身体は低燃費になってしまいます。

少ないエネルギーで動けるようになり、
できるだけエネルギーを貯めてしまいます

その状態はリバウンドしやすい条件が
揃っているので要注意です。

燃費が良いのは省エネですが、
貯めこみ体質になるのは困ります。

運動をしなくても消費されるカロリー
できるだけ多くするために、
基礎代謝を高めるようにすることが
脱!リバウンド体質となるのです。

参考:リバウンドの原因は物質や筋肉にあり?対策して体重を減らそう!

 

まとめ

ダイエットの方法は数えきれないほどあり、
自分にとってどんな方法が適しているのか
なかなか見つけられないこともあります。

一時的に体重が減ったとしても
リバウンドしてしまうと
次はさらにダイエットが難しくなるので、
ダイエットリバウンドはセットにして
考えていかないといけませんね。

 

【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!