ボジョレーヌーボー値段の違いが生まれる理由!解禁日の価格は?

この記事は3分で読めます

Sponsored Link

こんにちは。
役立つ知識まとめサイト!の管理人です。

ボジョレーヌーボーといえば、
毎年解禁と一種のお祭りのように
盛り上がりますね。

このボジョレーヌーボーは
同じ種類なのに、なぜ価格差が
生まれてくるのでしょうか?

今回はボジョレーヌーボー
についてご説明していきます。

ボジョレーヌーボーの解禁日

毎年ボジョレーヌーボーの解禁日があり、
それを楽しみにしてる人も多くいると思います。

解禁日は11月の第3木曜日
と決められており、
2016年の解禁日は
11月17日となっているようです。

11月に入る頃には、
次第にボジョレーヌーボーの
テレビ宣伝や広告が入り、百貨店や
スーパーなどで販売されることでしょう。

ボジョレーヌーボーといえば、
毎年キャッチコピーも
話題になっていますね。

毎年のカラーがあって、
おもしろいので、
ぜひ覗いてみてください。

参考:ボジョレーヌーボーコピペ2016!意味は?キャッチコピーまとめ!

bojo

解禁日がある理由

まずボジョレーヌーボーと
呼ばれているワインには、
明確な基準があるようです。

  • ボジョレーヌーボーとは、
    その年に収穫された葡萄を使っている
  • フランスのボジョレ地区で
    作られるワインのこと

ちなみに同じ品種の葡萄を使い、
同じような作り方をしたワインでも
ボジョレ地区で作られていなければ、
ボジョレーヌーボーと呼んでは
いけないことになっています。

解禁日が設定されたのは、
売れると気づいたメーカーが
過当競争に走り基準を満たしてないものまで
販売するようになったことが原因となってます。

解禁日を設けたことにより、
そんなことがないようにしたわけです。

解禁日の日にちに合わせて
じっくり作りこむことが出来るので、
消費者も美味しいボジョレーを
飲むことにつながりますね。

Sponsored Link
 

いつ飲むのがベストか?

他のワインだと、寝かせてから飲むと
美味しくなると言われています。

しかし、

ボジョレーに関しては
新鮮さをウリにしているので、
寝かせるのではなく出来るだけ早めに
飲む方がオススメです。

飲み頃の温度としては、
10℃-12℃となってるので、
冷蔵庫に入れて一時間位が
ちょうど良い温度となります。

 

価格差が出る理由?

生産者や生産地区、
畑やぶどうの木の違いにより
ボジョレーの味に違いが出てきます。

その違いが値段差となってあらわれているのです。

フランスのワインの分類の一つに
AOCという基準があります。

「原産地呼称統制ワイン」として分類され、
下の四つから価値が決められるようです。

  • 地方名
  • 地区名
  • 村名
  • 畑名生産地

単位が小さくなるほど規定は厳しく、
高価なワインとして設定されるのです。

あとはワインとは関係ありませんが、
入れ物や輸送費、中間マージン、
税金などによってもボジョレーの
価格差としてあらわれます。

【ボジョレーヌーボーに合う簡単おつまみ】

 

普通のワインと何が違うの?

ボジョレーヌーボーは、
短期間でワインに仕上げるために
ぶどうを潰さずにそのまま発酵させています。

そのため一般的なワインよりも
渋みや苦みが少なく、まろやかなとこに
特徴があり清涼感や爽やかな香りが際立ちます。

ボジョレーヌーボーは、
その年のぶどうの出来を占うという
意味でも重要な役割になっています。

これまでボジョレーヌーボーを
飲んだことがないという人も、
毎年飲んでる人も年に一度のお祭りなので、
ぜひ今年飲んではいかがでしょうか。

ボジョレーに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んで頂いて
ありがとうございます。

 

【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ