鯉のぼりで初節句はお祝いすべき?誰が買うのがいいのか?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

五月五日のこどもの日は、
昔から端午の節句としてお祝いされてきました。

現在では国民の休日として制定されています。

子供の成長を願う日という祝日ですが、
節句としては女の子の桃の節句と
男の子の端午の節句ということで、
鯉のぼり、五月人形を用意します。

初節句を前に、鯉のぼりの準備について
知っておきたいことをまとめてみました。

鯉のぼりの由来とは

五月五日の端午の節句に
鯉のぼりをあげるようになったのは
江戸時代中期からだと言われています。

由来は中国から伝わったもので、
中国の登竜門という伝説というのが濃厚です。

これは、竜門という滝を
鯉が登ると、鯉から竜に変わったという伝説です。
koi_takinobori

この鯉のように、険しくても高く登り
出世して欲しいという願いから生まれたのが
鯉のぼりという風習です。

はじめは和紙に鯉を描き、
それを出してお祝いしましたが、
徐々に現在のような形に変化して
丈夫で雨風に強い鯉のぼりになりました。

昭和30年代頃には
合成繊維の鯉のぼりが主流になっています。

 

鯉のぼりは初節句には必須なのか

初節句とは、子供が生まれて
初めて迎えるお節句のことです。

女の子なら雛人形を、
男の子なら鎧兜や五月人形
そして鯉のぼりを飾ってお祝いします。
kodomonohi_yoroi_kabuto

ただ、現代の住宅事情では
鯉のぼりを屋外に飾るのは
難しいケースも増えています。

広い敷地で鯉のぼりをあげても
隣家など周辺への迷惑にならず、
電線などに触れる危険もない環境なら
鯉のぼりを上げて初節句をお祝いできます。
koinobori_house
しかしながら、

現在では鯉のぼりを準備するご家庭は
かなり少なくなっています。

五月五日が近づいても、
住宅街では鯉のぼりを見かけることも
ほとんどありませんから、
無理に用意する必要はなくなっています。

Sponsored Link
 

鯉のぼりを買うとしたら誰が?

鯉のぼりを購入するのは
親、母方の祖父母、父方の祖父母と
各家庭によってケースは様々です。

地域によって風習も違いますが、
お節句に関するものは、母方の実家
準備することが多いようです。
akachan_family

これは特に決まったルールがあるわけではなく
お子さんの両親が購入しても良いわけです。

ただ、何の相談もしないで購入すると
もしかしたらトラブルの種を作ってしまうかも。

よく相談して考えましょう。

五人形と鯉のぼりの両方を準備するのか、
母方と父方で分担してもらうのかなど、
相談して揉め事にならないようにしてくださいね。

関連:鯉のぼりで初節句はお祝いすべき?誰が買うのがいいのか?

 

まとめ

現在の住宅事情では、
大きな鯉のぼりを空に泳がせて
初節句をお祝いすることは
難しくなってきました。

しかし、屋内に小さく飾れるものや
ベランダタイプなどもあります。

それぞれのお住まいに合わせて
考えてみましょう。

関連:鯉のぼりの記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ