飛騨高山の高山祭りとは?春と秋の日本三大美祭がすごい!

この記事は2分で読めます

岐阜県の中でも、世界遺産白川郷合掌集落と並び
屈指の観光スポットである飛騨高山の街並み

タイムスリップしたかのような
古い町並みは、何度行ってもレトロな気分を
楽しめて、毎回新たな発見があって飽きません。

どの季節でも楽しめる飛騨高山ですが、
なんといっても飛騨高山の高山祭
一度は目にしておきたい有名なお祭りです。

今回は、飛騨高山の高山祭について
ご紹介したいと思います。

Sponsored Link

飛騨高山の高山祭の歴史

高山祭は、豪華絢爛で荘厳優美な
美しい祭屋台がシンボルです。

飛騨の匠の手によって生まれた
精巧なからくり人形など
素晴らしい技術を見ることができます。

この祭屋台は、飛騨の匠の技を駆使して
作られたものなんです。

もともと山間の小さな集落である飛騨では
作物を育てるのも難しい地域であり、
冬になると険しい山々は雪に閉ざされます。
yjimage

そのような地域であったことから
農作物での年貢を納めるのが難しく、
建築や木工技術などの技が優れていることから
その技で貢献していたのです。

そして飛騨の匠の技を駆使した祭屋台が
現在の美祭となって伝わっています

 

高山祭のシーズンとは

高山祭は、春と秋の年二回開催されます。

春は4月14日と15日
日枝神社の例祭として行われます。

秋は10月9日と10日
櫻山八幡宮の例祭として行われます。

からくり人形の繊細な動きを披露する
からくり奉納にはスケジュールがあります。
yjimage

春の高山祭
14日 旅所前で午前11時と午後3時頃
15日 旅所前で午前10時と午後2時頃

秋の高山祭
9日 八幡宮境内で正午と午後3時頃
10日 八幡宮境内で午前11時と午後1時頃

Sponsored Link
 

高山祭の混雑状況

飛騨高山の高山祭へのお出かけは
祭り開催の2日間には大変混雑します

重要文化財である祭屋台12台が
曳き揃う様子は、とても迫力があるので、
日本全国から観光客が集まります

さらに世界遺産の白川郷合掌集落とともに
海外からの観光客も増えています。

高山祭が開催される高山市内の中心部への
車でのアクセスはかなり改善されていますが、
祭りの開催される2日間は交通規制もありますので、
車でのお出かけには混雑は予想してください。

また、高山祭の祭屋台は
国の重要文化財です。

雨天の場合は祭りの行事は
中止になることがありますので
天候のチェックは忘れないようにしましょう。

 

高山祭の開催に合わせて
観光できる方はラッキーですが、
祭りの様子を感じることができる
祭りミュージアムがあります。

こちらでは、天候に関係なく楽しめるので
お天気に恵まれない場合や
祭りの開催に合わせられない場合でも
十分に祭りの雰囲気を感じられます。

お土産コーナーなども
充実していますよ。

 

まとめ

飛騨高山は、高山祭以外にも
楽しい場所も沢山ありますし、
美味しいグルメスポットも数えきれません。

飛騨の匠の技があちらこちらで
感じられる街並みなど、
街のすべてが観光スポットです。

一度はお出かけになってみてはいかがでしょう。

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!