ひな祭りと桃の節句の違い!由来はどうなっているのか?

この記事は2分で読めます

毎年3月3日といえば、
『ひな祭り』ですね。

女の子たちが主役のこのイベントですが、
どういう由来があるのかご存知ですか?

今回は、ひな祭りについて調べてみました。

Sponsored Link

『ひな祭り』とは?

現在のひな祭りは、
「女の子の健やかな成長を願う」という、
日本の伝統的な行事です。

ひな人形に使われている道具は、
平安時代に行われていた雛あそび
に使われていた道具をそのまま再現していて、

飾られている人形たちも、
当時の貴族や御所に似たものが
再現されているそうです。

また、

ひな人形には
「子供に降りかかる厄を身代わりに受け止めてくれる」
という意味もあるんですよ。

 

『ひな祭り』の由来や起源は?

現在の『ひな祭り』は、
二つの行事が合わさってできたものです。

実はこの『ひな祭り』は、
もともとは女の子のためのお祭りではありませんでした。

 

「流し雛」

邪気が入りやすい季節に穢れを払うという、
古代中国から伝わってきた風習が起源です。

中国では
「季節の変わり目には禍をもたらす邪気が入りやすい」
と考えられていて、その時期が来ると
穢れを払う儀式をする風習がありました。

それが遣唐使によって日本に伝えられ、
禊(みそぎ)の神事と結びつきます。

これは当初は天子(現在で言う天皇のこと)を
お祓いするための儀式だったのですが、

平安時代に宮中儀式へと変化していき、
やがて流し雛という行事になっていきました。

「流し雛」は、払い人形に身体の穢れを写して、
それを水に流して清めるという
意味を持つ民俗行事です。

今でもこの習慣は受け継がれていて、
ひな祭りの時期には様々な地域で行われており、
人型の形や流し方など、地域によって
異なる特色を持ちながら伝わっています。

関連:ひな祭り五人囃子の順番と名前の由来があるって知ってた?

Sponsored Link
 

雛遊び

平安時代の女の子たちの間には、
ひいなという人形が遊び道具として存在しました。

この「ひいな」にお供え物をしたり
飾ったりしながらおままごとをする遊びを
雛遊びといい、それが宮中で流行したそうです。

その様子は「源氏物語」
「枕草子」にも描かれています。

この二つの行事が時代とともに合わさっていき、
今の『ひな祭り』になったのです。

【手作り雛人形】

 

『桃の節句』とは?

『ひな祭り』は桃の節句とも言い、
桃の花を飾りますね。

これは、徳川幕府によって定められた
「五節句」の一つである「上巳の節句」の別名です。

こちらも「流し雛」のように、
起源は古代中国まで遡ります。

中国では古来より、桃には
邪気を払う力があるとされてきました。

そのために、邪気を祓う行事に
飾られていたのです。

そして、

日本でも桃は魔除けの木とされていて、
ちょうど『ひな祭り』の時期が
桃の花が咲く頃であることや、

春の季語でもある桃の花にちなんで、
上巳の節句桃の節句
と呼ぶようになったのです。

関連:ひな祭りって女の子の日なの?料理にも成長を願う意味が!

【ひな祭り替え歌】

 

まとめ

『ひな祭り』
この日ばかりは女の子が主役です。

きれいなひな人形を飾って、
美味しいごはんや桃をたべて、
充実した一日になると良いですね。

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!