保育園の年齢クラス!年齢ごとにどんな活動をするかを紹介

この記事は3分で読めます

保育園にお子さんを預けている方は
お分かりだと思いますが、保育園には
さまざまな年齢の子どもたちが通っています。

1番小さいお子さんは生後2ヶ月
1番大きいお子さんで3歳のお子さんがいます。

そういった幅広い年齢の
子どもたちがいる中で、

それぞれの年齢にあわせた保育を
保育園では実施しているようです。

保育園によっても違い、小学校入学前の
お子さんまでを保育する施設もあるようですが、

今回は、一般的な保育園で保育している
0~3歳児の場合でご紹介します。

Sponsored Link

0歳児の保育園生

筆者の子どもが通っている保育園では、
0歳児のクラスは、他のクラスの
子どもたちとは違う部屋で
過ごすことが多いようです。

0歳児クラスの子どもたちは、
まだ自分で移動することができない
子どもたちが多く、安全面や衛生面から、

他のクラスの子どもたちとの
接触はそれほど多くはないようです。

しかし、

天候が良い日には、ベビーカーや
抱っこやおんぶなどで外に
お散歩に行くこともあります。

外の空気に触れて自然を身体で
感じることができたり、たくさんの
ことに興味を持ってもらうためです。

室内では、歌を聞いたり、
メリーなどのおもちゃを使って、
子どもたちの遊ぶ意欲を養っているようです。

 

1歳児の保育園生

自分で歩ける子とまだ歩けない子が
混在するクラスで、そのことを考慮し、

室内ではお絵かきハイハイでの
鬼ごっこなどを、お散歩に行くときなどは、
園バスと呼ばれる大きいカートに
子どもたちが立って乗り、それを
保育士の方が押して歩きます。

お絵かきやままごとも少しずつ
できるようになっていくため、

歩くことができないお子さんでも
一緒に遊べるように
工夫してくれているように感じました。

Sponsored Link
 

2歳児の保育園生

走ることができるようになっている子が多く、
アクティブな遊びをすることが多くなります。

室内であれば、ボールを使った遊びや
ダンスを踊ったりすることも多くなります。

また、

お絵かきや粘土遊びなどを通して、
お子さんの想像力を高める遊びも
たくさんすることができるようになります。

お散歩の時には、お子さん同士が
手をつないで歩くことは難しいようで、

園バスに乗って商店街にお散歩に行ったり、
近くの公園や川沿いなどを散策して
自然に触れ合えるようになります。

 

3歳児の保育園生

多くのことができるようになり、
食事のマナートイレトレーニングなどの
教育も、保育園で実施してくれます。

また、

多くの言葉や文章で話すことも
できるようになってくる年齢であり、

大人の言っている意味をきちんと理解
することができるようになってくることから、

折り紙を折ったり、粘土で工作したり
などの細かい作業を要することが
できるようになってきます。

お散歩に行くときにも、
子どもたち同士で手をつなぎ、
きちんと一列に並んで
歩道を歩いていきます。

遊ぶ内容自体は、2歳児とほとんど
変わりはないようですが、

より正確に作業することができますので、
自分でものごとを捉え、想像することによって、
個々の能力を引き出すことが
できるようになっているようです。

関連:保育園ダンス発表会の動画がかわいい!どんな出し物が人気?

【3歳児の発表会】

 

まとめ

今回ご紹介した内容のほかにも、
歌やダンスなどを取り入れたり、
イングリッシュタイムといって、
外国の先生を交えて交流する保育園もあるようです。

筆者の子どもの通っている保育園でも
外国の先生が常勤しており、

英語で会話を楽しんだり、
歌を歌ったりするそうで、家に
帰ってきて歌ってくれることもあります。

保育園ごとの特色などもあると
思いますので、保育園を選ぶ際にも
参考にしていただければと思います。

保育園に関する記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!