ひな祭りって女の子の日なの?料理にも成長を願う意味が!

この記事は2分で読めます

日本にはたくたんの古き良き風習があります。

お子さんのための風習もたくさんありますが、
女の子のための節句であるひな祭りは、
特に華やかに行われる行事ではないでしょうか。

今回は、ひな祭りの節句
についてまとめてみました。

Sponsored Link

ひな祭りは女の子の節句?

ひな祭りは、昔から女の子のための節句
だと思われている方が多いと思いますが、
実はそうではないんです。

もともとは、中国の上巳(じょうし)の日の風習と
日本古来の禊祓い(みそぎはらい)の風習とが合わさり、
現在のようなカタチになったようなんです。

上巳の日というのは、
3 月上旬の巳の日のことを指し、
邪気が入りやすい忌み日として
伝えられてきました。

この上巳の日には、水辺などで手や足を
清めたりするような厄祓いをしてきたようです。

また、

日本の風習として、
人形(ひとがた)に息を吹きかけたり、
触ることによって厄を移し、
その人形を川に流すことで
禊祓いをするということがありました。

この2つの風習が合わさり、
現在のひな祭りの原型になったようです。

このことから、ひな祭りの風習自体が、
女の子だけでなく、老若男女すべての方を
対象とした厄祓いの風習だったことが
お分かり頂けると思います。

 

女の子の節句になったのはいつから?

上記のような風習が平安時代の頃まで
続いていましたが、その頃に貴族の
女の子たちの遊びであったひいな祭り
と合わさり、ただの人型ではなく、

人型に女の子の服を着させて厄を移し、
その人形を川に流すことによって、
女の子の厄を祓うようになりました。

Sponsored Link
 

しかし、

それも上流貴族の中での行事であり、
なかなか庶民にまでは広まっていなかったようです。

一般的に、ひな祭りが女の子の節句として
行われるようになったのは、
江戸時代頃からとされているようです。

特に、商家や大名などの裕福な家庭では、
その富の象徴として、ただの人形ではなく、

きらびやかに着飾った人形を家の中に
飾り出したことが、現在のひな祭りの
風習になっていきました。

【ひな祭り替え歌】

 

ちらし寿司とはまぐりのお吸い物

ひな祭りの日には、
昔からちらし寿司はまぐりのお吸い物
食べる習慣がありました。

ちらし寿司には、

  • 長寿の縁起物であるエビ
  • 先の見通しが良いと言われるレンコン
  • マメに働くという意味の豆

などを始め、
人参や卵などの彩り豊かな食材が入っており、
たくさんの食材が入っている
ちらし寿司を食べることで、

将来食べ物に困らないように、
という願いも込められているようです。

また、

はまぐりのお吸い物には、
良い伴侶と巡り会えるように、
との願いが込められています。

はまぐりは、女性の貞操を表し、
同じ貝でなければしっかり
噛み合わないようになっていることから、
ひな祭りの節句に食べられるようになったそうです。

関連:ひな祭りでちらし寿司の由来や理由に迫る!なぜお雛様なの?

 

まとめ

ひな祭りの由来が厄祓いのためだというのは、
日本人らしい考え方だなと思いました。

また、

ひな祭りの節句に食べられる
ちらし寿司とはまぐりのお吸い物に関しても、
女の子の成長を願ってのもの
だということがわかりましたし、

これからも大事にしていきたい
風習だと思います。

時代の流れとともに
失われていってしまうものも多数ありますが、
日本独特の考え方や文化はしっかりと
守っていきたいですね。

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!