ひな祭り子供の遊び方って何がある?幼児でも簡単にできる!

この記事は2分で読めます

女の子の桃の節句であるひな祭りは、
小さいお子さんにその意味を教えるのは
かなり難しいことだと思います。

しかし、

日本古来の風習であるひな祭りの意味を
教えないというのも、少し残念な気がしますよね。

保育園や幼稚園に通っているお子さんは、
保育園や幼稚園でもひな祭りの行事を
行うと思いますので、

おうちでもしっかりと
ひな祭りの意味をお子さんに教えたうえで、
園の行事に参加させたいと思う
ママやパパも多いのではないでしょうか。

Sponsored Link

 

ひな祭りの意味

ひな祭りとは、
昔の中国の上巳(じょうし)の日の風習と、
平安時代の貴族の女の子の遊びであった
ひいな遊びを掛け合わせて出来た風習で、

現在のような雛人形を飾るようになったのは、
江戸時代の頃からだと言われています。

上巳(じょうし)の日というのは、
古来の中国では忌み日とされ、
邪気などがつきやすく、手や足を
水で清めて邪気を祓う風習があったようです。

これが日本に伝わり、人形で遊ぶ
”ひいな遊び”と掛け合わさり、

人に見立てた人形に自分の邪気を移し、
邪気を含んだ人形を川に流すことで
魔除けのような役割を果たしていました。

それが江戸時代に入り、富の象徴として、
現在のような雛人形や雛壇を
飾るようになったと言われています。

ひな祭りとは、もともとは邪気を
祓うための風習だったということです。

このことを小さいお子さんに
教えるのは大変ですよね。

関連:ひな祭り五人囃子の順番と名前の由来があるって知ってた?

 

どのようにして教える?

ひな祭りを小さいお子さんに教えるときには、
このような感じにしてみてはいかがでしょうか。

ひな祭りとは、お人形と一緒に遊ぶことで、
お人形が○○ちゃんの悪い運を吸い取ってくれて、
女の子がこれからも元気に育ちますように
ってお祝いをする日

 

これならなんとなくはわかってくれますかね?

完璧に教えることは難しくても、
なんとなくお子さんが理解してくれている
ようであれば、歳を重ねるごとに
わかってくれると思います。

Sponsored Link
 

ひな祭りは何して遊ぶ?

ひな祭りの原型である“ひいな祭り”は、
人形を使っておままごとをする遊びのことです。

おままごとであれば小さいお子さんでも
できる遊びですし、先ほどご紹介した
説明にも当てはまりますので、
お子さんも理解しやすいのではないかと思います。

「せっかくのひな人形で遊ぶのはもったいない!」

そう思われる方がほとんどだと思いますので、
お子さんと一緒に遊ぶお人形は
別のものにしましょう。

小さい指人形のようなものでも構いませんし、
ぬいぐるみなどでも十分だと思いますが、
筆者がおすすめするのは手作りの人形です。

手作りといっても、本格的に針や糸を用いて
裁縫するようなものでなく、お子さんと一緒に
手軽に作ることができるものが良いので、
折り紙で作ってみるといいのではないでしょうか。

【手作り雛人形】

 

1歳や2歳くらいのお子さんであれば、
ママやパパが代わりに折ってあげても
良いと思いますし、紙に人形の絵を
描いたものでもいいと思います。

お子さんの年齢や能力に合わせて、
ママやパパと一緒に作ることで、
お子さんだけでなく家族みんなの思い出になりますし、

お子さんのひな祭りに対する理解も
より一層深まると思います。

 

まとめ

ひな祭りは、
女の子の成長を願う日です。

お子さんと一緒に手作りの人形を
使って遊ぶことで、家族みんなで作る
楽しさや理解にもつながると思いますので、
ぜひオリジナルの人形を作って
お子さんと一緒に遊んでみましょう。

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!