ひな祭り菱餅の意味や由来!色や順番にもこんな意味が!

この記事は2分で読めます

女の子のお子さんがいるご家庭では、
3月3日のひな祭りにはたくさんの
ごちそうが並ぶことでしょう。

お子さんの好きな料理を
作ることもあるとは思いますが、
昔から伝わっているひな祭りのための
お祝い料理もあります。

お祝い料理にはいくつか種類がありますが、
そのひとつひとつにちゃんとした
意味が込められています。

その中でも、菱餅をひな祭りに飾る理由
ご存知ない方が多いようなので、
ご紹介しようと思います。

Sponsored Link

ひな祭りに食べられるお祝い料理

昔からひな祭りには以下のような
お祝い料理が食べられてきました。

  • ちらし寿司
  • はまぐりのお吸い物
  • 菱餅
  • 雛あられ
  • 白酒(甘酒)

などがありますね。

白酒などは、ひな祭りの歌にも出てくるものですし、
いかにもお祝いの席には
欠かせないもののようですね。

ひな祭りのお祝い料理には、
健康や長寿などの意味が込められた
料理が多いようです。

関連:ひな祭りでちらし寿司の由来や理由に迫る!なぜお雛様なの?

 

菱餅とは

菱餅は、緑、白、ピンクの3色を重ね、
ひし形に切ったお餅のことを言います。

雛壇にも飾られていることが多いので、
ほとんどの方が目にしたことがあると思います。

3色それぞれに意味があり、

  • 緑は「健康で長生きするように」
  • 白は「いつまでも清らかに」
  • ピンクは「厄除け・魔除け」

の意味が込められているそうです。

Sponsored Link
 

これにはいくつかの説があり、

  • 緑は「母なる大地」
  • 白は「冬の雪」
  • ピンクは「桃の色」

ということで、

「寒い冬の雪がとけ、母なる大地に草花が芽生え始め、
桃の花が咲くように健やかに育ってほしい」

という意味が込められている
とも言われています。

どちらにしろ、女の子の成長や健康を願う
意味が込められていますので、
ひな祭りにはぴったりの料理だと思います。

また、

3色の色を付けることにも、
食べる人のことを考えた食材が使われています。

緑餅は増血効果が高いと言われている
ヨモギを混ぜることで色を付け、

白い餅には血圧を下げる
効果が期待できるひしの実を、

ピンクの餅には解毒作用があることで
昔から重宝されてきたクチナシの実
色を付けています。

【ひな祭り替え歌】

 

まとめ

上記でご紹介しただけでなく、
菱餅は形が心臓に似ていることから、
心臓を表しているとも言われ、

身体だけでなく、心の中にひそむ厄も
しっかり祓えるように、という願いも
込められているそうです。

このように、菱餅には女の子の健康や成長を
願う親の想いが込められていることが
お分かりいただけたかと思います。

親が子を思う気持ちはいつの時代でも同じです。

お子さんの健康や成長を願うひな祭りの風習を、
私たちよりも未来の世代へと
繋いでいけるようにしっかりと守っていきたいですね。

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!