歯周病で抜歯して入れ歯に?インプラントでも治せないのか?

この記事は2分で読めます

歯周病を甘く見ていると
歯を支えている骨が溶けてしまいます。

虫歯になっていないのに
歯周病で歯を失うことになると、
いずれは入れ歯を作らないと食べ物を
噛むこともできなくなってしまうかも。

入れ歯にならないためには
とにかく歯周病を予防して、
進行させないことが大切です。

入れ歯のリスクについて
知っておくと、予防に対する意識も
さらに高まっていくのではないでしょうか。

Sponsored Link

歯周病の重症化と入れ歯

歯周病がひどくなると、
固いものを食べることが難しくなります

歯を支えている骨が歯周病菌によって
溶かされてしまうので、歯がグラグラ
不安定な状態になるからです。

固いものを噛むと痛みを発するようになると
歯の根元が炎症を起こしているので
歯を抜かなくてはいけないこともあります。

自然に抜けてしまうこともあるので
歯周病の重症化は歯を失うリスクがとても高いです。

奥歯の1本だけが抜けるくらいでは
入れ歯にすることはありませんが、
奥歯が数本抜けた状態ではうまく食べ物を
噛むことができなくなります。

その状態によって、奥歯だけの部分入れ歯
(パーシャルデンチャー)を作る治療で
噛合を調整します。
yjimage

お年寄りが使っている
歯茎のついた総入れ歯(フルデンチャー)は
残っている歯が極端に少なかったり、
骨の残り具合を見ながら作ることになります。
yjimage

総入れ歯になると噛み合わせが
調整しにくく、喋ることにも支障が出る場合も。

できるだけ自分の歯を多く残すためにも
歯周病の予防は重要です。

 

入れ歯とインプラント

歯科医では、80歳で20本の歯を維持すること
推奨しています。

親不知は別として、通常では28本の歯がありますので
失う歯は最大8本までに留めておきたいものです。

カパッと外す入れ歯は避けたいと思うなら
とにかく毎日の歯周病ケアを徹底したいところ。
ireba_ojiisan

しかし、

最近は入れ歯じゃなくても
インプラントという方法があるので、
最悪の場合はンプラントにすればいいでしょう」
軽く考えている方も少なくないようです。

インプラント治療は、歯を支えている骨に
土台を取り付けて、その上に差し歯を入れて
自分の歯のように噛むことができます。

とても有効な治療なので、
歯を失ってしまった人には希望が湧きます。

Sponsored Link
 

ただ、歯周病が重症化すると
インプラントに必要な土台である骨が
溶かされてしまうので、まず治療をするまでに
土台の骨を再形成する治療から
始めなければいけません

その治療はかなり長く続きますし、
費用は保険適応外なので高額になります。

自分の歯を大切にできれば
そんな時間もお金を使わなくても済むのですから
インプラント治療があるからと軽く考えない方が
良いのではないでしょうか。

実際にインプラント治療を受けている方で、
なかなか上手く治療が進まず、3年かけても
2本の歯しか作れなかったケースもあります。

関連:歯周病で抜歯しないのは危険?インプラントの治療費は?

 

まとめ

歯周病は身近な病気です。

ただ、病気という意識が持てない人が多く、
深刻に考えていない人が圧倒的多数です。

糖尿病の危険性もありますからね。

関連:歯周病と糖尿病は合併症?ためしてガッテンでも話題に!

しかし歯を失うリスクは
想像以上に大きいものです。

入れ歯の調子が悪くて
食べることが楽しくなくなったり、
上手に噛めなくて胃腸が悪くなったり、
影響は全身に及ぶことです。

自分の歯を1本でも多く残すために、
歯周病予防を頑張りましょう。

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!