バレンタイン義理チョコはいらない!会社や職場での断り方

この記事は2分で読めます

女性が男性へ愛を告白する日、
として日本では定着している
バレンタインデー

ですが、
渡すチョコには色々と種類がありますよね。

  • 愛を告白するための「本命チョコ」
  • 友達同士で渡し合う「友チョコ」
  • お世話になっている人などに渡す「義理チョコ」

「本命チョコ」や「友チョコ」は
自分にあげたい相手がいれば渡せば良い、
というイメージですが、

「義理チョコ」はちょっと
違うイメージがありませんか?

Sponsored Link

「義理チョコ」は、友人知人の間だけではなく、
職場などでも渡す習慣が
定着しているところが多いようです。

しかし、

「義理チョコ入らない」と考えている人も
結構多いようなのです。

 

バレンタインはいらない

日本でのバレンタインは、元は
「女性が男性へ愛を告白する、愛を誓い合う日」
という習慣でしたが、いつの頃からか

「お世話になった人たちにチョコを渡す日」
という意味合いの方が定着してきています。

社会に出て働き出すと、職場でもその習慣があり、
上司や同僚の男性に毎年「義理チョコ」を
用意している方も多いと思います。

しかし、

この義理チョコ

  • 「お返しがめんどくさい」
  • 「出費が多い」

などの理由であまり乗り気ではない
男性が増えてきています。

「義理チョコ」をもらう側からすると、
もらったらお返ししなくてはならない
というルールに息苦しさや負担を
感じてしまうこともあるようです。

giri

女性側としても、職場にいる男性全員に
義理チョコを用意するというのはなかなかの
負担になることも多いため、

「義理チョコ」の習慣に
乗り気ではない人が増えているようですね。

お互いに楽しくこなせるのならともかく、
ただの「そういう決まり」や「義務」に
なってしまってお互いにデメリットしか感じないのであれば、

「そもそもバレンタインはいらない」と
どんどん面倒になっていってしまいそうです。

関連:バレンタインの起源はローマ!チョコを配るのは日本だけ?

 

嬉しい人がいるのも事実

「義理チョコ」不要というお話ばかり
紹介してしまいましたが、もちろん、
「義理チョコでも嬉しい!」と
感じる人がいるのも事実です。

お返しが面倒と思う人もいれば
お返しを考えるのが楽しいという人も
いるということですね。

お互いに楽しく「義理チョコ」と
「お返し」ができるのなら、
交流する良い機会にもなると思います。

Sponsored Link
 

良い断り方は?

角を立てずに断るというのは、
難しいですよね。

職場であれば、一番良いのは上司に
「義理チョコ」の習慣を廃止
してもらうことではないでしょうか。

結婚していたり彼女がいる人は、
それを理由にしても良いかもしれません。

 

まとめ

楽しい人がいれば、面倒な人もいる。
イベントごとは難しいですね。

お返しに気を使わないよう手軽なものにする、
というのも選択の一つかもしれませんよ。

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!