漫画家の年収って?収入源となる原稿料や印税から計算してみよう

この記事は3分で読めます

Sponsored Link

こんにちは。
役立つ知識まとめサイト!の管理人です。

漫画といえば、さまざまな種類があり、
多くの漫画家さんがいらっしゃいますね。

今回は、その中でも気になる
漫画家の年収についてのお話です。

漫画家の年収を計算してみよう

あなたは漫画家がどのくらいの
年収をいただいているかご存知ですか?

ちなみに、

大人気漫画ワンピースの作者である
尾田栄一郎さんは、
30億円程の年収がある
と言われています。

漫画家の平均的な年収については、
以前の記事でお伝えしましたので、
そちらをご参照ください。

参考:漫画家と結婚したい!でも、年収や収入は嫁として生活できるの?

 

漫画の人気や関連グッズによって、
収入はバラバラですが、
今回は、収入源の計算の概要をお伝えしていきます。

漫画家の主な収入源は

  • 原稿料
  • 漫画の単行本の印税
  • アニメ、ゲームの印税

だいたいこの3つから成っています。

それら、1つずつお伝えしていきましょう。

 

漫画家の原稿料はいくら?

まず原稿料についてお伝えしていきます。

漫画の原稿料は

「1ページの値段×枚数」

になっていて、当時のジャンプの
原稿料が1ページ4,500円で、
1週間の掲載ページが19ページだったそうです。

すると、年単位で計算するとこうなります。

4,500×19ページ(1周)=85,500×49週(1年)=418万9,500円(年収)

また、現在は新人でも1ページ8,000円と言われています。

そう考えると、人気漫画家になると
原稿料はもっと上がってるはずなので、
原稿料だけでもかなりの収入になっていますね!

 

漫画の単行本の印税

次に単行本の印税ですが、
漫画の印税は10%です。

そして意外だったのですが、
漫画の印税収入は「実際に売れた数」ではなく、

「発行(印刷)された数」で
計算される仕組みになっている
そうです。

つまり、たとえ売れなくても書店に並べば
それだけで収入になるということです。

ちなみに漫画は1巻が
よく売れる傾向があるそうです!

連載が長期化すれば、
その分単行本の数が増えますし、
以前出した巻も売れるわけですから
収入も増えるでしょう。

Sponsored Link
 

アニメ・ゲーム化による収入(印税)の変化

漫画がヒットしてアニメ化した場合、
その漫画のロイヤリティ(著作権使用料)として、
アニメ1話あたり10~15万が
漫画家に入ってきます。

さらにアニメ化した後には、
フィギュアやサウンドトラック(CD)
などのグッズが販売されたり、
ゲーム化することもありますよね。

ゲームの場合だと売上の
3%が漫画家の収入になります。

例えば、

江川先生は
『まじかる☆タルるートくん』の
ゲームソフト(定価5,800円)
が約30万本売れたので、

キャラクターの著作権料として
約5,220万円が入ってきたとか。

そういった

関連グッズだけの年収で1億円!

しかもこれらは
“何もしなくても”入ってくるので、
アニメ化の影響は大きいですね。

まぁ漫画家にとっては
関連グッズの売上よりも、
アニメ化によって知名度が上がり、

原作の販売部数が増えて原稿料が
入る方が収入としては大きいと思います。

漫画家をきっかけにさまざまな
収入も考えられるわけですね!

また、

日本は特にアニメがすごく
人気が高いわけですから、
日本で人気となると、海外でも
有名になる大きなチャンスですね!

漫画家に関する記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます!

 

【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ