保育園の無認可とは?認可との違いは保育料の費用だけ?

この記事は2分で読めます

お子さんを預ける保育園を探しているママさんは、
さまざまな疑問に直面すると思います。

保育園に入るには

  • どのような手続きをしなければならないのか
  • どのような保育園があるのか
  • 保育方針などはどのようなものがあるのか

など、疑問は尽きないと思います。

その中でも、筆者も子どもの保育園を
探しているときに持った疑問ですが、
無認可保育園とは何かということです。

知っているママさんにとっても、
知らないママさんにとっても、
参考にしていただけるようにまとめてみました。

Sponsored Link

保育園の種類

保育園には、公立・私立、
認可・無認可などの分類によって、
いくつかのグループに分けることができます。

公立の保育園は、都道府県や市区町村が
運営している保育園となっており、
私立の保育園は民間の企業や団体が
運営している保育園のことを言います。

これはすぐにわかるかと思いますが、
認可保育園と無認可保育園の違いって、
あなたはご存知ですか?

 

認可・無認可保育園

認可保育園も無認可保育園も、
児童福祉法に基づいて、
就労や疾病、介護などの理由によって、

お子さんを保育できない保育者に代わって、
お子さんを保育する施設のことで、
保育内容などに目立った違いはありません。

認可保育園というのは、児童福祉法に基づいて、
国の定める保育の基準を満たしている
保育園のことを言います。

国の定める基準というのは、
保育園の施設面積や保育士の人数、
基本保育時間などが細かく決められており、

その基準を満たしているかどうかによって、
認可保育園と無認可保育園とに分けられているのです。

Sponsored Link
 

無認可保育園での保育

認可保育園でも無認可保育園でも、
保育内容にはほとんど違いはありません。

国の基準を満たしているかどうか、
という違いがあるだけですので、
無認可だからといってお子さんの保育が
おろそかにされるわけではないのでご注意ください。

無認可保育園は、主に
私立の保育園に多く見られます。

認可保育園の場合、国の基準を満たしているため、
助成金を交付されて運営している施設が多いので、
保育料も比較的安く済みます。

これは私立の認可保育園でも同様なので、
保育料を安く済ませたいと思っているママさんは、
認可保育園を希望する方が多いと思います。

筆者の子どもは3人とも私立の
無認可保育園に通っています。

それでも、筆者の住んでいる地区は
2歳未満の子供の保育料は市区町村からの
助成があるため、月々の保育料も
4万円くらいで済んでいます。

関連:保育園はお金いくらかかる?保育料の計算方法はどうする?

【保育園の発表会】

 

まとめ

私立の無認可の保育園は、
先生方も楽しそうに保育に携わっていて、
こちらの相談にも親身になってのってくれます。

保育料は認可保育園より高いかもしれませんが、
その分先生方が多く、子どもたちものびのびと
保育園での生活を楽しんでいるようなので、
認可保育園が1番良いという考えは、
筆者は持っていません。

しかし、

ご家庭の事情や状況などもありますので、
認可保育園に通わせたいと思うママさんも多いでしょう。

そのご家庭にあった保育園を選ぶことが
重要だと思いますし、なにより、

お子さんのことをどれだけ大切に保育してくれるか、
というところにも重点を置いて、
保育園を選んでほしいと思います。

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!