太陽系クイズ!宇宙の謎や中学生レベルの問題を解こう!

この記事は2分で読めます

宇宙には、国や町にように天体が集まり、
銀河と名付けられています。

私たちの住む地球は、「天の川銀河」に属し、
さらにその中の、「太陽」を中心とした
「太陽系」という領域に、この地球は存在しています。

広い宇宙の中では、かなり身近な
部分に入る私たちのいる太陽系。

あなたは、この太陽系のことについて、
どのくらいご存知ですか?

今回は、太陽系についてクイズを
出していきたいと思います!

Sponsored Link

太陽系クイズ

それでは、問題です。

Q1、「太陽系」に惑星はいくつあるでしょうか?

Q2、太陽系の「恒星」とは、どの天体のことでしょうか?

Q3、地球の「衛生」はどの天体でしょうか?

Q4、太陽系で「一番大きいな惑星」はどの天体でしょうか?

 

あなたは、全て答えられますか?

わかったら、記事を読み進めていってくださいね。

 

Q1、答え

太陽系には現在、8個の惑星があります。

あなたも、一度は名前を耳にしたことが
あるのではないでしょうか。

惑星は、太陽のそばから順に、

  1. 水星
  2. 金星
  3. 地球
  4. 火星
  5. 木星
  6. 土星
  7. 天王星
  8. 海王星

です。

惑星より少し小さな準惑星
という天体も存在します。

これは現在5個確認されていて、

  • ケレス(セレス、とも呼ばれます)
  • 冥王星
  • ハウメア
  • マケマケ
  • エリス

です。

冥王星、という名前に聞き覚えはありませんか?

実はこの冥王星は、
かつては太陽系第9惑星として
名を連ねていたのです。

冥王星は、まだ惑星の定義が
はっきりしていない頃に発見されました。

後の研究や定義づけ、
新たな天体の発見などによって、
現在では「惑星」から「準惑星」
になってしまったのです。

 

Q2、答え

恒星というのは、簡単に言えば、
自ら光を発することができるガス状の天体のことです。

では、太陽系で自ら光っている天体といえば?

そう、太陽ですね。

私たちが普段みている太陽は、
太陽系に唯一存在する恒星なのです。

Sponsored Link
 

Q3、答え

衛生とは、
惑星や準惑星の周りを公転している、
天然の天体のことです。

太陽と同じように、
地球の衛生を私たちは普段から目にしています。

そう、夜になると空に浮かぶが、
地球の衛生です。

月は太陽系の衛生の中では5番目に大きさで、
実は、惑星である地球に対しては
衛生としては不釣合いに大きく、
二重惑星とみなす意見もありました。

形は球体と言ってほぼ差し支えありませんが、
厳密に言えば、わずかにセイヨウナシ形をしています。

関連:太陽系の衛星の数や最大の名前は?宇宙の魅力に迫る!

 

Q4、答え

太陽系を並べて見ると、
その大きさは一目瞭然ですね。

一番大きな惑星は、
しましまの模様が特徴的な木星です。

太陽系第5惑星であるこの木星は、
その大きさのとおり、太陽に次ぐ重力を持っています。

しかし、

密度はかなり低く、
地球に比べるととても軽いんですよ。

参考:太陽系で最大の惑星は木星!大きさや衛星の特徴はどうなの?

 

【宇宙のすごさ】

 

まとめ

太陽系クイズ、いかがでしたか?

あなたは全て答えることができましたか?

身近な宇宙のことをもっと知れば、
きっと、夜空を見上げるのももっと楽しくなりますよ!

太陽系に関する記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!