世界遺産アンコールワットはいつ行くべき?動画がすごい!

この記事は2分で読めます

日本の冬は寒く、外に出るのも
億劫になってしまいがちですよね!

クリスマスやお正月など楽しいイベントごとが
終わってしまって余計にだらだらしてしまい、
気づけば春になってしまいます。

そこで、

今回は日本からでも比較的行きやすく
ベストシーズンである、カンボジアの世界遺産、
アンコールワットについてご紹介します。

新年度が始まる前の旅行
参考になればと思います。

Sponsored Link

アンコールワットってどんなとこ?

アンコールワットは世界遺産である
アンコール遺跡の一つにあたり、
それを代表するヒンドゥー教の寺院です。

カンボジア国旗の中央にも描かれており、
国の象徴となっています。

現地の言葉でアンコールは都
ワットはお寺を意味し、
大きな寺というように解釈されています。

東西1500メートル、南北1300メートルもあり、
その名の通りとても大きく迫力があります。

また中心には5本の塔が建てられており、
ヒンドゥー教の宇宙観が表現されています。

北西部に位置しており、
熱帯モンスーン気候に属しているため、
年間気温が平均27度と1年を通して
高温多湿の国です。

ですから、

寒い冬から抜け出したいというときには
ぴったりの気候と言えるでしょう!

その中でも、
気候は大きく雨季と乾季に分かれており、
ベストシーズンは乾季の12〜2月ごろ
と言われていますので、新年度が始まる前の
休みに行くにはぴったりなのです!

3月になると40度以上と大変
暑くなってしまいますので、少し早めがオススメです。

 

【世界遺産アンコールワット】

 

ツアーに申し込むべき?

やはり初めての国に行くとなると不安も多く、
旅行会社でツアーを予約し、
全て手配されているものを選ぶという方も多いでしょう。

しかし、

実際に行った方の話を伺うと、
シュリムアップの中心部から少し離れているために
電車やバス等の公共機関はないものの、

タクシーやトゥクトゥク、バイクタクシー等を
利用すればさほど迷う事なく十分に
回る事が出来るとの事です。

市街からは車で15分、空港へは10分ほどで
行けるためアクセスも抜群です。

そうすることによってツアーの時間を
気にせず好きな時間に好きな場所へ行くことができ、
また費用を安く抑えることも可能です。

Sponsored Link
 

しかし、

ツアーガイドに申し込むことで、
その歴史や豆知識などを聞くことができたり、
ローカルなお店等の情報もゲットできるため、

よりカンボジアを満喫するためには、
半日ツアーだけでも申し込んでみるのもいいですね!

ただし有名な観光地のため、
悪質なガイドさん等も居るそうです。

騙されてしまわぬようくれぐれもご注意を。

 

まとめ

カンボジアは一年中暖かく、
日本人にとっては冬の観光に持ってこいの場所ですね!

特にアンコールワットは有名で
一度は行ってみたいなあと思いました。

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

 

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!