バレンタインはいつから始まった?ホワイトデーの由来は?

この記事は2分で読めます

毎年やってくる、女性も男性も
そわそわと落ち着かなくなる日、
バレンタインデー。

聖バレンタインデーとも言われる
このイベントは、今では女性が男性に
チョコレートやお菓子などの贈り物をして
愛を告白する、というものになっていますが、
どんな由来がある日かご存知ですか?

今回は、バレンタインデーの由来
ついてお話したいと思います。

Sponsored Link

バレンタインデーはいつ?

バレンタインデーは、
毎年2月14日と決まっています。

男性から女性にお返しをする
ホワイトデーも、毎年決まって
バレンタインデーの一ヶ月後、
3月14日です。

最近では「第○、□曜日」など、
週や曜日で決められた決められた
記念日や祝日が増えていますが、

バレンタインデーは日にちが
決まっているので覚えやすいですよね。

 

バレンタインデーの起源

今では世界各地で男女の愛の誓いの日
とされていますが、元々は、
聖ウァレンティヌスというキリスト教の
聖職者の殉教に由来する記念日です。

ウァレンティヌスの英語名が
「バレンタイン(ヴァレンタイン)」で、
そこから名付けられています。

その歴史は、ローマ帝国の
時代にまでさかのぼります。

当時のローマ皇帝であった
「クラウディウス2世」は、
愛する人を故郷に残している
兵士は士気が下がる、

という理由でローマ兵士たちの
婚姻を禁じていたと言われています。

Sponsored Link
 

キリスト教司祭であったバレンタインは
彼らを哀れに思い、秘密裏に
結婚をさせていました。

それが原因でバレンタインは捕らえられ、
処刑されることとなりました。

処刑の日は、女神ユノの祭日であり、
ルペルカリア祭という豊年を祈願する
祭りの前日である2月14日が
あえて選ばれました。

バレンタインは、ルペルカリア祭に
捧げる生贄とされたのです。

ルペルカリア祭は当初は
キリスト教からすれば異教の
神々の祭りでしたが、

キリスト教司祭であった
バレンタインの処刑の日となったために、
キリスト教徒にとっても
この日は祭日となったのです。

valentine

日本でのバレンタインデー

日本で流行しはじめたのは、
1958年頃からです。

実は、私たちがよく知る
バレンタインデーの様式は、
日本独自の発展を遂げたものです。

日本では、恋人やお世話になった人に
贈るものはチョコレートが主流ですが、
外国ではチョコレートに限定されていません。

関連:バレンタインでアメリカと日本の違い!文化や習慣で恋人は?

 

女性から男性へ贈る、
という風習も日本独自のもので、
女性の愛情表現の機会だと
認識されているのもどうやら
日本式なバレンタインデーの特徴のようです。

また、

日本には決まった宗教がないので、
一般的にはキリスト教との直接的な
関連がほとんど意識されないのも
特徴であると言えるでしょう。

 

まとめ

日本では、
女性が男性にチョコレートを渡す、
など恋愛ごとのイベントとして
認識されていますが、実際は
こんな歴史があったのですね。

世界各国のバレンタインデーの
特徴を調べてみるのも、
面白いかもしれません。

関連:海外のバレンタイン習慣!プレゼントやお菓子はあげるの?

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!