バレンタインでアメリカと日本の違い!文化や習慣で恋人は?

この記事は2分で読めます

日本のバレンタインは
ニュースになるくらい、
いつの頃からかクリスマスのように
賑やかになりました。

バレンタインと言われだした頃は、
女性がチョコを渡し男性に
愛を告白する日だった
のですが、

いつのまにか、進化していき、
義理チョコ、友チョコ、
今では自分へのご褒美として
高級なチョコを買う女性も増えています。

では世界のバレンタイン、
特に日本には身近であるアメリカ
ではどうでしょうか。

Sponsored Link

バレンタインとは

2月14日はバレンタインの日と
何故名付けられたのでしょう。

3世紀頃にバレンタインという
ローマ人の司祭がいました

当時の皇帝は愛する人を
故郷に残して戦えば
戦士の土気が下がると
兵士の結婚を禁止しました

これに反対したバレンタイン司祭
多くの兵士を結婚させたので、
皇帝は怒りバレンタイン司祭は
2月14日処刑されてしまいます

yjimage

バレンタイン司祭は聖バレンタインとして、
敬われるようになり、世界各地で
男女の愛を誓う日となっていきました。

 

アメリカのバレンタイン

アメリカでは日本とは反対で、
男性から女性へプレゼントを送ります

また子供達の間ではカードや、
そこにお菓子がそえられたり
する場合もあるのです。

日本と同じですね。

Sponsored Link
 

アメリカでは安くて沢山入っている
小さめのお菓子を子供達は渡します。

仕事仲間には
バレンタインおめでとうと言って
チョコレートや、キャンディを
渡す事は一般的な事です。

多くのオフィスでは、
ちょっとしたパーティーを開き、
バレンタインをお祝いします

3ff4da1d15226a1144ec9cb17e656b62_s

恋人同士の間では、贈り物を贈ります
花やジュエリー、チョコレートまたは
高価なギフトなどです。

夫婦はお互いに贈り物を贈りあいます。

そしてバレンタインの日には
ちょっといいレストランを予約して、
ディナーを楽しみます。

 

まとめ

アメリカも日本と
さほど変わらないですが、
やはり大きく変わるのは
男性から愛を伝えてくれる、

もしくはお互いに伝え合う事ですね。

ただ、アメリカには
ホワイトデーいうものはありません

日本は1ヵ月後の3月14日に男性が
女性に2月14日のお返しに
少し前まではマシュマロだったのですが、

今はレストランで食事や、
チョコレートなどでお返しをします。

その日に互いに気持ちを伝えあうアメリカと、
時間差はあるけれど、
また愛を確認できる日本と
どちらも想いを伝えるのは素敵な事です。

愛とは友達へ、仕事仲間へ、
感謝の意味もありますね。

バレンタイン司祭の反逆してまで、
結婚をさせた気持ちが、
こうして各国に今でも
伝わり続けている
のは
素晴らしいことです。

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!