3人目の出産は時間が早い?陣痛や痛みなどの体験談まとめ

この記事は2分で読めます

出産や子育ては、何度も
経験できるものではありません。

ほとんどの女性の場合、出産は
1~2回ほどの経験しかないと思います。

しかし、

それぞれのご夫婦には三人目の子どもが
欲しいと思っている方や、現在
三人目を妊娠中、という方も多いと思います。

そこで、

三人目の出産がどのようなものなのか、
三度の出産経験を持つ筆者の経験や
他の方からの経験などをまとめてみたいと思います。

Sponsored Link

出産にかかる時間は早くなる

お産はすればするほど良くなる

これは、筆者が通っていた産婦人科の
助産師さんから言われた言葉。

二人目、三人目を
その産院で出産しましたが、
どちらのときにも言われました。

出産は、経験するごとに赤ちゃんが
産道を通りやすくなるように
母親の身体が変化していきます。

そのため、

出産にかかる時間もどんどん短くなり、
予定日よりも早く生まれてしまう
赤ちゃんも多くいます。

実際、筆者の場合は、

  • 1人目が15時間
  • 2人目が7時間
  • 3人目は1時間半

ほどで出産しました。

赤ちゃんの体重がほとんど同じくらいの
場合には、筆者のように前回の出産時の半
分の時間で生まれてきてしまうので、

上のお子さん2人のお世話を
しながらの妊娠は初産の
ときよりも気が抜けないと思います。

Sponsored Link
 

陣痛の痛みは毎回違う

出産にかかる時間が短くなると
陣痛の痛みも弱くなってほしいところですが、
そううまくはいきません。

出産は、何度経験しても毎回同じように
お産が進むとは限らず、
そのときそのときによって違います。

陣痛も同様で、1人目と2人目のときに
陣痛が強くても、3人目のときには
陣痛が弱すぎてお産までにかかる時間が
長くなってしまう場合もありますし、

逆に、1人目は陣痛の痛みは
それほどでもなかったのに、

2人目と3人目のときにはかなり強い
陣痛があったという方もいらっしゃいます。

まったく同じお産の進み方を
することはありませんので、
「3人目だから。。。」と気を抜かず、

どのような状況になっても冷静に
判断できるよう、しっかりと気持ちを
強く持っていることが重要ではないでしょうか。

 

まとめ

少子化がどんどん進行していく中、
3人目の赤ちゃんを産む決心を
したことをとてもうれしく思います。

しかし、

まだまだ社会全体が子育てに対して
柔軟ではない部分がたくさんあると思います。

また、

上のお子さんたちのお世話をしながらの
赤ちゃんのお世話は、ママにとって
心身ともにとても根気のいる状況だと思います。

ママだからといって、
すべてのことに完璧であろうとせず、
少しでも自分の身体と心をいたわって
あげられるような状況をつくるために、

パパや周りの方の理解が十分に
得られるような環境をつくっていく
ということも大切なことなのではないでしょうか。

出産に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!