ストレッチの効果的なやり方!時間帯や注意点を把握しよう

この記事は2分で読めます

筋肉は重力に逆らって身体を支えるため、
リラックスしている時でも常に緊張しています。

筋肉が硬くなると、血流が滞り、
筋肉の持続的な収縮によって出来た
疲労物質(乳酸など)が溜まってきます。

すると、

  • 疲労が溜まる
  • 筋肉がかたくなる
  • 血流の低下

という悪循環になり、
こりや痛みが発生するのです。

ストレッチはこれらに伴う
様々な問題を改善してくれます。

ちょっとしたポイントに気をつけるだけで、
ストレッチを効果的に行うことができるのです。

Sponsored Link

リラックスしてストレッチ

筋肉が緊張状態にあるので、
リラックスして行うことが大切です。

一つの方法として、呼吸法があります。

深く息を吸い込んで吐き出すようにすることで、
血流もよくなります。

腹式呼吸を取り入れることで、
効果的にリラックスした状態を
創り出すことができるようになるのです。

パフォーマンスを行うまえ、
初対面の人に挨拶など、簡単なストレッチを
取り入れただけで、緊張感をほぐせます。

肩を上下させたり、屈伸運動をするだけでも
緊張感が解きほぐされていくのがわかりますよね。

【腹式呼吸のやり方】

 

体を温めてストレッチ

筋肉は体の状態によって伸縮性が違います。

体が温まっている状態だと、
筋肉は柔軟性を持っています。

これは血流が良くなっているためです。

体が温まった状態でストレッチを
取り入れるとより効果が高くなります。

体を温めた状態でストレッチするには、
体を軽く動かせばいいのですが、
入浴中はリラックスもあり、
より効果も高くなります。

湯船につかりながら、関節をゆっくりのばしたり、
筋肉をもみほぐしたり、湯船から出て
ストレッチ体操もあります。

その際、

  • 湯船には5分くらい
  • 動作はゆっくり
  • 温度はぬるめ
  • 水分補給
  • 呼吸はゆっくり

などが注意事項です。

お風呂でのストレッチは効果がありますが、
少しづつおこない、日々続ける事がよいようです。

Sponsored Link
 

何かをしながらストレッチ

ストレッチに必要なのは、
何よりもリラックスです。

入浴中もリラックスしていますが、
その他にも音楽を聴きながら、
香りを楽しみながら、など
リラックスできる方法があります。

スポーツ選手なども、よく音楽を聴きながら
ウォーミングアップでストレッチしている
シーンをテレビで見ますよね。

何かをしながらストレッチは、
より効果を高める事が出来ると言われています。

 

ストレッチをする時の注意

無理やり伸ばさない
痛みを我慢してストレッチすると悪化する原因になります。

 

無呼吸
息をとめて行うと筋肉が反対に緊張していまいます。

 

反動を使わない
反動や弾みをつけて行うと、
筋肉や関節への負担が大きくなり
障害の原因となります。

 

体調の悪い時はらない
体調が悪い時は安静にして、
体力の回復に専念しましょう。

 

まとめ

ストレッチといえば、ストレッチする時間を
わざわざ作らなければいけないと思っていましたが、
ポイントさえ押さえれば、効果的に
ストレッチが出来る事がわかりました。

日常の行動の中に少しの動作を足す事で、
効果的にストレッチが出来ますね。

これはすぐにでも取り入れられる
のではないでしょうか。

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!