イギリスのバレンタインの習慣や風習は?贈り物はチョコなの?

この記事は2分で読めます

日本では、
2月14日バレンタインの日は、
チョコレートやプレゼントが
男女関係なく渡されていますよね。

バレンタインと言われだした頃は、
女性が男性へ愛の告白をする日
だったのですが、日本独自の進化をして、

上司やお世話になっている人、友達へ、
そして、今や自分へのご褒美に
チョコレートを買う人もいます。

そもそもバレンタインの由来は
何処からきたのでしょうか。

そして、歴史の深いイギリスの
バレンタインの日の過ごし方は
どうしているのでしょうか。

Sponsored Link

バレンタインの由来

2月14日はバレンタインの日
と何故名付けられたのでしょう。

バレンタイン司祭は、
3世紀のローマ人です。

一説によると、当時の皇帝は
兵士達の結婚を禁止していました。

これに反対したバレンタイン司祭は
皇帝の命に反して、多くの兵士達を
結婚させました。

この為皇帝の怒りをかい、
ついに2月14日殺されたという事です。

バレンタイン司祭は、
聖バレンタインとして敬われるようになり、
ローマカトリック教会では、
祭日とされているそうです。

バレンタインとは、
司祭の名前だったのですね。

 

イギリスのバレンタインの始まり

 イギリスのキャドバリー・シュウェップ社が、
19世紀後半にハート型に入った
チョコレートの詰め合わせを発売しました。

これが好評を得て、現在のバレンタインの
習慣が定着したと言われています。

関連:バレンタインの起源はローマ!チョコを配るのは日本だけ?

Sponsored Link
 

イギリスのバレンタイン習慣

イギリスの人は伝統的に2月14日には、
好きな人にカードや、ラブの
メッセージを送ります。

この日は自分の好きな人に、
自分の愛情を告白出来る日です。

現在のイギリスでも、
バレンタインの日は、
カードで好きな人に告白する
チャンスの日になっています。

そのカードには名前を
書かない人が多いのです。

en

理由は、

伝統的に男性は好きな女性に
匿名のカードを送っていました。

この伝統は現在の
イギリスにも続いています。

チョコがなくても花やジュエリーでも
バレンタインにおいて、人気のある
プレゼントになっています。

バレンタインの夜は、
レストランは予約で混んでいます。

【海外の反応】

 

まとめ

歴史あるイギリスの
バレンタインの始まりは、
チョコレート会社からだったのですね。

カードに名前を書かないとは驚きです。

でも、

いったい誰がくれたのかワクワクしますね。

イギリスでも友人同士で、
夫婦でとバレンタインの日は
カード贈り物をするそうです。

誰かを思う気持ちを伝える日、
伝えたい日はイギリスでも
バレンタインの日の過ごし方は
日本と同じなのですね。

恋人同士だけでなく、大切な人に
気持ちを伝えられる日がある事は
素敵だと思います。

バレンタインに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!