口内炎と胃もたれの関係!胃の調子が悪いとなりやすい?

この記事は2分で読めます

口内炎と胃の関係ですが、
昔から胃もたれになれば、
口内炎になりやすいと、
言われています。

実際には、食べすぎによる胃もたれが、
口内炎を引き起こすということは
考え難いのですが、そう語り継がれるほど、

口内炎と胃もたれは平行して
発症することが多いのも事実です。

そこで、今回は口内炎と胃の関係に
ついてまとめてみました。

Sponsored Link

胃もたれになると口内炎になる?

胃の中で起こる胃もたれと、
口内の細菌感染による炎症が
深い関係にあるとは考えがたいですが、
そう言われるようになった根拠があります。

その根拠になったものを
いくつかご紹介しますね。

 

噛む動作がいい加減

胃もたれになる原因として、
大量の食べ物を十分に噛むことなく
食べたという場合もあります。

その場合は噛む動作が
いい加減になってしまい、
口内を誤って噛む可能性も高くなります。

 

胃もたれの原因がストレス

胃もたれの原因がストレスによる
胃の機能低下の場合、

同じくストレスを原因とする口内炎と
共通となり、同時に発症されます。

また、

ストレスによる過食も考えられます。

 

胃腸が弱っている時のビタミン不足

胃腸が弱っている事が原因の胃もたれ
である場合は、充分な量を食べても、

ビタミンなどの栄養が胃腸から吸収できず、
ビタミン不足によって
口内炎を発症することも考えられます。

Sponsored Link
 

胃酸が逆流し、口内炎が悪化

胃酸が口内まで逆流することで、
胃酸が口内炎を悪化させる
可能性もありえます。

 

胃を回復させる方法

胃の粘膜の保護の機能を保つ事が大事です。

ビタミンAや、ビタミンB
胃の粘膜の保護作用があるので、
積極的に摂取するのも良いです。

関連:口内炎は栄養不足が原因?食事で予防するためのおすすめポイント

忙しいと早食いになりますが、
噛む事で、唾液と食物が混じり合い、
消化吸収されやすくなるので、
噛まないと胃は余分に働く事になります。

噛む事が消化の第一歩です。

噛む事は胃腸の保護になります。
ひとくち30回噛む事が、めやすです。

胃の生理からいえば、問題となるのは
食事の回数よりその間隔です。

空腹が長く続くと胃液が刺激してびらんや、
潰瘍ができやすくなるのです。

ですから、

朝食抜きで会社に行く、または
朝食を抜いたまま、たばこや
コーヒーに手を出すことは、
胃への負担は大変なものです。

朝食はきちんととり、
その後は5~6時間あけて
食事をとるのが、体には良いです。

過度な食事量により口の中を
噛むリスク上昇、ストレスが原因となる共通性、

そしてビタミン不足など、
口内炎ができるのは、
胃と関係がありますからね。

【胃に効果のあるツボ】

 

会社や友人などのお付き合いで、
なかなか難しいことではありますが、
暴飲暴食には気をつけましょう。

 

口内炎に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!