忘年会ゲームと景品ランキング!会社の大人数でも盛り上がる企画

この記事は3分で読めます

忘年会の幹事さんは
企画から考えないといけません。

年の締めくくり。

盛り上がらない、
なんてなってほしくないですよね。

忘年会なら知力体力を使うゲーム。

ゲームの景品なら今年の労を
ねぎらう贈り物として、
用意する忘年会は最高です。

忘年会のゲーム、景品選びを
失敗しな為に、まずは企画から準備しましょう。

Sponsored Link

忘年会のゲームの基本

忘年会でゲームをやるにあたって、
押さえておかなければいけない、
ポイントをお伝えいたします。

 

ポイント①

宴会の盛り上がりを

  • 序盤
  • 中盤
  • 終盤

と3つのポイントにわけて、
その雰囲気に対応したゲームを
用意しておきましょう。

 

序盤

単純なゲームを使う。

部署や営業所、初対面の顔見知りが
少ない場合には

簡単にすぐ出来るゲーム
(直感ティスティング他)

 

グループ対抗ゲーム
(ゴールデンタワーゲーム他)

などがオススメです。

 

中盤

リズムのあるゲームでグループをつくり、
体力系と頭脳系を交互にしましょう。

体力勝負系クイズ
(おしぼりルーレット他)

頭ヂカラ系
(風船時限爆弾 クイズ山の手線他)

 

終盤

テーブルやグループで
親近感のわくゲームや、
数字のビンゴがおなじみで、
おすすめです。

【盛り上がるマジックビンゴ】

 

ポイント②

まずは自分が率先して、
ゲームの導入・試しを見せます。

参加者の多くは、始まりは
お酒もさほど入っていません。

幹事さんが率先して盛り上げましょう。

少しでも笑いが取れれば、
場の空気も和らぎます。

 

ポイント③

上手い進行とはなにかが大事になります。

それは、
「そのゲームの何処が面白さのツボなのか」
を理解している事です。

宴会のゲームといえども
研究が必要なのです。

基本ルールも必要ですが、
その場の参加者の意見も取り入れながら、
臨機応変に対応しましょう。

Sponsored Link
 

 

間違えない景品選び

忘年会のゲームの景品を選ぶコツはまず、
軽くて邪魔にならないサイズのものがいいです。

飲んで持って帰るのですから
大きいものや、重たいものは絶対に避けましょう。

それと、
冷蔵ものも避けるのが無難です。

使う人を選らばないものがいいでしょう。

とても素敵な景品でも使えないものでは、
当たっても嬉しくないですね。

年齢や性別に左右されないものを
選ぶことが重要です。

そして面白く、笑える景品を
用意してみましょう。

 

参加者に人気の景品

予算を抑えても参加者に
楽しんでもらえて、喜んでもらえる
景品の例をお伝えしていきます。

 

軽くて邪魔にならない

年末じゃんぼ宝くじ

夢があって年末まで盛り上がれます。

 

使う人を選ばない

○○券

例えば、

  • 商品券
  • お米券

などがありますね。

面白く笑える

○○が沢山シリーズ

例えば、

  • インスタントラーメン○○袋
  • レトルトカレー○○個

などですね。

 

まとめ

忘年会のダンスについては、
以前もお伝えしました。

参考:忘年会の余興ダンスの鉄板ネタ!大人数でも簡単おすすめランキング

忘年会の景品にゲームの用意、
司会進行、ほんとに幹事の方には
頭が下がります。

でも、

幹事の方が一番楽しまないと
盛り上がりません。

幹事の方が一番に楽しむのが、
忘年会が盛り上がる一番の
要素かもしれませんね。

忘年会に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!